心理学の考え方でポジティブに過ごすためには?

この記事は2分で読めます

心理学の考え方でポジティブに過ごすためには?

心理学は、すでにギリシャ時代には存在していたそうです。アドラーやフロイトといった、広く知られた心理学者も多く、研究分野は多岐に渡ります。何やら難しそうですし、正面から向き合うには余りにも深い分野ですが、かえってプレッシャーになってしまっては、元も子もありません。

むしろ、「それって、心理学っぽいよね」というぐらい、気楽に心理学のエッセンスを取り入れてみれば、毎日をポジティブに過ごせるのではないでしょうか。様々な心理学のエッセンスの中から、一例をご紹介していきます。

 

脳はとても素直な性格

脳はとても素直な性格

私たちの脳は、スーパーコンピュータでも及ばないような処理能力を持っていますが、実は素直で騙されやすい性格だそうです。だめだと思えば脳もだめだと信じてしまい、逆に「自分は幸せだ」と毎日思っていると、脳は幸せだと思うようになります。これは現実の世界は全く関係ありません。

自分の気持ち=心だけの問題です。

これは、ご存じの方も多い、潜在意識に関することなのですが、
「病は気から」
「心配は身の毒」
というような言い習わしと同じ意味ですね。書籍云々よりもはるか以前から、このような言い習わしとして実生活に活かしてきていたことがわかります。

 

「すみません」より「ありがとう」の理由

 「すみません」より「ありがとう」の理由

小さい頃、家庭や学校で「ありがとう」と言いましょう、と言われてきたと思います。感謝の心に関する書籍も多く見かけますし、人生のどん底にあった人が、日々の生活の中で見つけた「ちょっといい話」をブログにつづった話は話題になりました。

ここで、次の2つのシーンを想像してみてください。

<シーンA>
自分:「ちょっとお醤油取って」
相手:「はい」
自分:「・・・」(受け取る)

<シーンB>
自分:「ちょっとお醤油取って」
相手:「はい」
自分:「ありがとう」(受け取る)

よくある会話ですが、シーンAとB、どちらが心に残りましたか?別に「ありがとう」と口にしなくても良いかもしれません。でも、脳は小さい頃から「ありがとう」は感謝の言葉だと憶えていますので、「ありがとう」と言葉にすることで、脳のハッピーボックスにはハッピーポイントが溜まっていき、ポジティブな好循環が生まれます。

どんなことでも構いません。道端の雑草が生えていても「雑草が生えている、ありがとう」。本当はありがたくないかもしれませんが、生命力、あるいは平和のおかげとも言えます。

脳が勝手に理由を探して処理してくれますので、あなたが理由を気にする必要はありません。ただ口癖にすれば良いだけです。なるべくなら、思うだけではなく小さくても声に出すとハッピーポイントは倍増します。

 

口角を上げる

口角を上げる

何もヘラヘラニヤニヤしろと言っているわけではありません。口角が上がっている人には、明るくオープンな印象を与え、不思議と周りにもそういう雰囲気が伝染します。反対に口角が下がっていると、元気がなく機嫌が悪いように映ってしまい、「どうしたの?具合でも悪いの?」と聞かれるかもしれません。

口を開けて笑うことに抵抗があるかもしれませんが、口角を上げるクセがつけば、それだけで脳は「楽しい」と思い込み、またハッピーポイントを増やしてくれます。

「女は愛嬌」と言いますが、男だって同じこと。口角を上げた表情は、顔の造りがどうであれ、さわやかなナイスガイな印象に映ります。冬の風邪予防から春の花粉症へと、マスクを付ける機会が増えます。マスクの下なら誰にも気づかれずに練習できますよ。

 

まとめ

「ありがとう」や「笑顔」の良さを分かっていても、性格的になかなかできない、あるいは、つい「すみません」や「どうも」を使ってしまっているかもしれません。

それらだって、今までの情報で脳がそう思い込んでいるだけですから、新しい情報を「上書き」してあげれば良いだけです。宣言して始めるよりも、こっそり実行する方が向いていますが、いつのまにかできている自分を想像するのも楽しいものです。ほら、ハッピーポイントが溜まりましたよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ネガティブな考えをポジティブに変えて行動するために
  2. 心理学検定はビジネスに使える!そのメリット3選
  3. マズローの欲求5段階説を転職に活用してみると
  4. ビジネスにおける人間心理について、どのようにコンサルティングすれば良いのか?
  5. 人事考課にはハロー効果が影響している!?評価を左右するハロー効果とは
  6. NLP資格を取得するということ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.