ストレスの原因はSNSかも…SNS疲れと対処法

この記事は2分で読めます

ストレスの原因となるSNS疲れと対処法

スマホの普及によって私達の生活にはLINEやTwitterなどのSNSが普及しました。移動時間などちょっとした時間に情報収集をしたり、友達の近況を知ったりすることも出来て、自分でも気軽に情報発信できるSNSは便利なものですよね。

しかし、日々の生活の中でSNSを使っていてふいに落ち込んだり、悲しい気分になったりすることはありませんか?また、楽しむためのSNSのはずが、SNSを開くことが面倒になったり、開く気分になれなかったりすることはありませんか?そうした気持ちの変化が起こっている時は、もしかしたらSNS疲れを起こしているのかもしれません。SNS疲れは現代特有の心の疲れです。

それでは、SNS疲れとはどんなものなのでしょうか。またSNS疲れを引き起こした時には、どうやって対処したらいいのでしょうか。

 

1.SNS疲れとSNS疲れの原因

SNS疲れとSNS疲れの原因

まずは、SNS疲れがどのようなものか、また何が原因でSNS疲れが起こるかお話します。SNS疲れとは、SNSを利用することによって心が疲れてしまうことを指します。SNSを利用している最中に感じる場合もあれば、SNSを利用していない時でもSNSを思い出すことでSNS疲れが起こる場合もあります。

次にSNS疲れの原因です。SNS疲れは、SNS上での人間関係やSNSを利用する際に無理をして本来の自分ではない姿をSNS上で演じたりすることで起こります。

 

2.SNSから離れる勇気を持とう

SNSから離れる勇気

それでは、SNS疲れの予防や対処法はどうしたらいいのでしょうか。まず、SNSに依存しすぎないことが大切です。現代ではSNS上で連絡を取り合ったり、他愛もない話であってもコミュニケーションをとることで人間関係が成り立ったりしていますから、自分の生活から完全にSNSを切り離すことは難しいものです。

しかし、SNSを利用することで心が疲れてしまうのにSNSを使い続ければ、心はどんどん疲れてしまいます。ですから、完全に切り離すことは出来なくても、「SNS疲れしているかも……」と感じたら、心が穏やかになるまでの期間だけはSNSから離れるようにしましょう。そして、SNSを続けたいのであれば、SNS疲れから回復してから戻るようにしましょう。

 

3.自分の中でSNSに関するルールを作ろう

SNSに関するルール

SNSを利用する際に、自分の中でルールを作ることもSNS疲れの予防や対処法として効果的です。

例えば、「夜●時以降はSNSを利用しない」と時間の制限を決めるのも効果的です。夜間ならば、SNS上にいないことを誰かが気付いたとしても「眠っているのかな?」くらいにしか思われません。また、夜間は物事をマイナスに考えやすくなるので、SNSでのやり取りがきっかけで落ち込みやすい時間とも言えますから、SNSを利用するのは自分で決めた時間だけにすると心も楽に過ごせます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。SNSが普及した現代では、SNSを利用することで簡単にコミュニケーションが取れたり、自分で情報を発信したりすることが出来ます。しかし、その反面ではSNS上での振る舞いや人間関係で心が疲れてしまうことも多い時代になっています。心の健康を守るためにも、SNSの使い方について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 良質な睡眠をとるためのコツ
  2. 人生を幸せに過ごすための3つのコツ
  3. メンタルヘルス・マネジメントとはどんな制度?
  4. 職場での人間関係で悩んだときの3つの考え方
  5. NLP資格を取得するということ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.