勉強時間の確保がどうしてもできない場合の対処法

この記事は2分で読めます

勉強時間の確保がどうしてもできない場合の対処法

会社は、「アンテナを伸ばせ」とか「自己啓発に努めるように」と言っているのにも関わらず、人員は増してくれません。仕事とストレスが増えていく一方で、とても勉強する心の余裕がないという意見もあるでしょう。

一方、勉強時間を確保しなければいけないとばかり思い込んでいて、よく状況を把握できていないことも考えられます。一つ一つ確認しながら、自分が本当に確保することは何なのかを確認していきましょう。

 

勉強時間を確保する必要がある場合

仕事だけでも大変なのに、その上勉強時間を確保する必要がある状況とは、どんな状況が考えられるでしょうか。まずは、仕事上必要な資格取得が挙げられます。教諭、医師、弁護士などです。昇級試験も含まれるでしょう。他には、現在の仕事の情報としての勉強です。経営や営業戦略などのスキルアップがあります。

 

なぜ勉強時間を確保できないのか

なぜ勉強時間を確保できないのか

仕事が忙しいという理由が圧倒的だと思われます。失礼に感じるかとは思いますが、本当に忙しいのかと考えてみましょう。ご自身の仕事の要領が悪い、ミスが多いなど、自分で自分の首を絞めているのかもしれません。

次に、勉強方法が合っていないという理由も挙げられます。例えば、毎日残業が多いのに、英会話スクールに通学する場合です。今ではCDや動画で学習できますので、終業後の30分間だけを英会話学習に充てることもできるでしょう。

 

実際の時間確保の例

実際の時間確保の例

仕事と勉強の時間の確保についてですが、勉強を副業に置き換えても良いかもしれません。

例えば、仕事(主業務)の出勤を早めにして、その時間を勉強(副業)に充てる。帰宅後の夜間を充てている人は多いかもしれませんが、通学の場合や残業があまりない業務であれば、夜間でもルーティング化できて時間が確保できます。

それ以外は、残業によって予定していた勉強(副業)の時間が確保できなくなって挫折してしまう可能性が高いです。確実に確保できるようにすると、生活パターンが整ってきて、効率良く勉強できるようになっていきます。

 

まとめ

休日にまとめて勉強時間が確保できるようであれば、苦労はしません。男女問わず、休日にはそれなりにやることが多く、勤務日よりも確保できないことも大いに考えられます。かと言って、毎日10分、15分では短すぎて、1段落すら理解できないうちに時間切れになってしまいます。まずは勉強する目的と優先順位を見直しましょう。

その上で確保できる時間と自分に合った方法を見つけると、全体のスケジュールが見通せるようになりますので、ますます勉強時間を確保しようという気持ちになります。

もし、どうしても時間が取れないぐらい忙しいようであれば、仕事と勉強の両方を追うことよりも、休む時間を確保する方が大切です。その仕事と勉強、そして健康と、今はどれを優先させたいのかをよく考えましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ラテラル・シンキングとは何か?ビジネスで注目されている考え方
  2. ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!
  3. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.7~9
  4. クリティカルシンキングを習得しよう~思考の基本を学ぶ~
  5. 262の法則ってどんなもの?出来る人ばかりのチームが優秀なチームになるとは限らない
  6. 国家資格は一覧化されている?国家資格とはそもそも何か?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.