聞き上手になるためには?プライベートでも仕事でも使える話の聞き方のコツ

この記事は2分で読めます

誰かとコミュニケーションをするために会話は欠かせません。仕事でもプライベートでも、誰かと会話をすることで絆を深めたり、情報を共有したりします。

会話に関する表現に、話し上手と聞き上手という言葉があります。話をすることが上手だと、初対面の相手とでも会話のしやすい空気を作ったり、正確に情報を伝えることができます。では、聞き上手はどうなのでしょうか。話を上手に聞くことは、相手から次の言葉を引き出しやすく出来るので、悩み相談を受けた時に力を発揮したり、相手から話しやすいと好感を持たれやすくなります。

聞き上手は仕事でもプライベートでも役に立つスキルです。それでは、話を聞く時には、どんなコツがあるのでしょうか。今回は話を聞く時のコツをお話しします。

 

1.相手が話している時には相槌上手になることを意識する

相槌上手になること

会話をしている時には、相手が話していても自分から何かを言いたくなることだってありますよね。しかし、相手の話を遮ることにはデメリットもあります。例えば、相手が勇気を振り絞って話し始めた場合、途中で遮られてしまうと続きを話す力が失われてしまい、話したかったことを話せなくなってしまうことがあります。

ですから、相手が会話の中心に立って話をしている最中は、聞き役に徹しましょう。ただ、聞いているだけだと「自分の話に興味がないのかな…?」「不快にさせてしまったかな…?」と相手も不安になってしまいますから、相手が話しやすいように相槌を打ち、話をしっかり聞いている姿勢を示しましょう。

 

2.相手の話を一度受け止めて、相手の考え方を口に出す

相手の話を一度受け止めること

相手の話を聞いていて、相手の考え方に対して異論があったり、アドバイスをしたくなったりした時、皆さんはどうしていますか?異論を唱えたり、アドバイスをすることは悪いことではありません。しかし、言い方一つで相手が傷ついたり、話しにくいと感じてしまうこともあります。

そうならないようにするためには、相手の考え方を一旦受け止めましょう。そして、相手の考えを受け止めて理解し、それをそのまま相手に返すのです。例えば、相手が話し終わったところで「●●さんは●●だと考えているんだね?」と返します。そうすると、相手はあなたの理解が自分の考えと違っていればそれを訂正するために更に話をします。

こうしたやり取りをした上でアドバイスをするようにすれば、相手は「自分の思いを受け止めた上でアドバイスをしてくれた」と感じられます。

 

3.自分の意見を押し付けず、相手の意見を否定しない

相手の意見を否定しないこと

会話の最中に最も避けたいのが、自分の意見の押し付けと相手の意見の否定です。人にはそれぞれ価値観がありますから、考え方が異なるのも仕方のないことです。しかし、自分が相手から意見を全否定されたり、相手の意見を押し付けられたらどう感じるか想像してみてください。あまりいい気分はしませんよね。

ですから、自分の意見を述べるならば押し付けるのではなく「自分だったらこうする」というような言い方にしましょう。そして、相手の意見とかみ合わなかったとしても否定の言葉を返すのではなく、心の中で「こういう考え方もあるのだ」と思うようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。人がコミュニケーションを取るためには、会話は欠かせません。相手の話をしっかりと聞くことで絆が深まりますし、お互いの理解も深まるでしょう。

上手に会話をするためには、相手が話しやすいように会話を進めることが大切です。会話の主導権を相手が握っている時に無理に話し手として割り込まず、相手の意見を受け止めたりすることで相手は話しやすくなります。また、自分の意見やアドバイスを述べる時も、相手の意見を否定するような言い方ではなく、自分だとこう考えるという言い方で述べることで会話が円滑になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 意思決定する時に注意したいこと
  2. 大切な人とのコミュニケーション
  3. 職場の人間関係によるストレスの解消法
  4. 人事考課にはハロー効果が影響している!?評価を左右するハロー効果とは
  5. 経営心理学に学ぶ交渉に役立つ6つのテクニック!
  6. 深層心理はしぐさに現れる!よく見るしぐさの奥にある心理を解説!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.