ビジネススキルを上げるためにフレームワークを使いこなそう!

この記事は2分で読めます

ビジネススキルを上げるためにフレームワークを使いこなそう!

を多くの人が「できるビジネスパーソン」に憧れていると思います。しかし、「できるビジネスパーソン」とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか?それは、物事をフレームワークに当てはめて考えることができるかどうかです。

漠然と物事を考えるのではなく、適切なフレームワークに沿って考えることで、ビジネス上の問題に対してスピーディーに、より適切な解答を導き出すことができるのです。そこで今回は、フレームワーク思考の重要性とその使い方をお話したいと思います。

 

フレームワーク思考を習慣づけよう

フレームワーク思考を習慣づけよう

上司からビジネス上の問題を提示され、その改善案を提案しろと言われたらどうするでしょうか。その問題に対して、漠然とああでもないこうでもないと考えていると、答えを出すのに時間がかかってしまいますよね。しかし、思考のフレームワークを使えばずっと考えやすくなり、より速く、より適切な解答を提出することができます。

「フレームワーク」とは「枠組み」と訳されますが、拡散していきがちな思考を枠に当てはめると考えれば、イメージが湧きやすいと思います。つまり、フレームワークを手に入れることが、ビジネススキルを向上させる一つの方法となるのです。

 

ビジネススキル向上のためのフレームワークにはどんなものがあるのか?

ビジネススキル向上のためのフレームワークにはどんなものがあるのか?

次にビジネススキル向上のためのフレームワークには、どのようなものがあるのでしょうか?ビジネスには数多くのフレームワークが存在し、ここでそのすべてをご紹介することはできません。SWOT分析やVRIO分析などの企業の戦略策定レベルのフレームワークから、新入社員向けのコミュニケーションのフレームワークである「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」まで様々なものがあります。

これらは学者が提唱し始めたものもありますし、コンサルタント・グループが開発したものもあります。また、長く使われてきたという経験則からフレームワークになったものまで、多岐に渡ります。それぞれの階層で、それぞれの場面で適切なフレームワークが使われているのです。

 

ビジネススキル向上のために真っ先に知っておきたいフレームワークとは?

ビジネススキル向上のために真っ先に知っておきたいフレームワークとは?

ビジネススキルの向上に欠かせないフレームワークは何でしょうか?それはズバリ、「ロジックツリー」です。ロジックツリーとは「論理の木」と訳されるように、問題という幹からその原因を枝のように広げていき、問題解決の糸口を見つけるためのフレームワークです。

たとえば、「製品Aが売れない」という状況があったとします。これを出発点に、売れない原因を考えていきます。「価格が高いのか?」「魅力的なデザインではないのか?」「売り方が悪いのか?」これを枝のように広げていくのです。

考えられるすべての原因を揃えたら、今度は1つ1つの原因を解消できないかを考えます。このロジックツリーを使うことで、問題解決をより速く、適切にできるようになるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、ビジネススキル向上のためのフレームワークについてお話してきました。フレームワークを使ってビジネスの問題解決に当たることはとても重要です。ぜひフレームワークで思考する習慣を身につけて、「できるビジネスパーソン」になってください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クリティカルシンキングを習得しよう~思考の基本を学ぶ~
  2. 仕事ができる人ってどんな人?仕事ができる人の特徴とは
  3. 独立して開業するならフランチャイズがオススメ!
  4. Coach(コーチ)の意味から分かるコーチングとティーチングの違いとは?
  5. 経営企画部門に求められるスキルとはどのようなものか!?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.