ダイエットも仕事も上手くいく!目標を達成するためのコツ

この記事は2分で読めます

目標を達成するためのコツ

学生時代の受験勉強は努力を続けることが出来たのに、年齢を重ねてから同じように目標を達成しようとしても、なかなか努力を続けることが難しい時があります。年齢関係なく、一時的に頑張るのではなく、長期的に努力を続けるのは精神力のいることです。

仕事であっても、社会人になってからの語学学習であっても、ダイエットであっても、努力を続けなければ結果を得られません。しかし、努力をし続けたり、目標達成までモチベーションの維持をすることは難しいものです。けれど、ちょっとしたコツを取り入れることで努力をし続け、目標を達成しやすくなることをご存知でしょうか。

そこで、今回は目標を達成するためのコツについてお話します。

 

1.目標設定はクリアできそうな目標を最初に設定する

目標達成は山登り

目標を達成するまでというのは、山登りと似ています。山を登る時は、てっぺんを目指して山を登り続けます。しかし、山を登っていると体力を消耗して体がつらくなったり、まだまだ先にあるゴールを遠く感じて心が苦しくなったりします。

しかし、登り続けなければ登頂することは出来ません。そこで、おすすめなのが最終目標に辿り着くまでの道程の中に小さなゴールをいくつか作ることです。小さなゴールがあれば、「あと少しで達成できる!」とモチベーションの維持をすることが楽になります。そして、小さな目標を達成したら次の小さな目標に向かいます。この繰り返しをすることでモチベーションを維持し続けて目標を達成できるようになるのです。

 

2.努力の過程に楽しみを作る

努力の過程に楽しみを作る

頑張り続けるためには、苦しいことばかりでは努力を嫌になってしまう瞬間が訪れてしまいます。途中で投げ出してしまったら、それまでの努力も無駄になってしまいますから、努力を続けやすい環境を作ることも大切です。

努力を続けやすくするためには、努力しながらも楽しみを味わえるようにすることが効果的です。例えば、英語学習をしているとしましょう。一人で勉強を続けるのは孤独ですが、外国人の方が多く訪れるカフェやバーに行ってみれば英会話の実践にもなりますし、訪れて会話をすることで楽しい気分になることだって出来ます。

 

3.目標を達成した後には自分自身にご褒美を用意する

目標達成のご褒美

馬の目先にニンジンをぶら下げるという例えを耳にしたことのある方も多いでしょう。ご褒美目当てに頑張るというのは、本当の努力とは言えないのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ご褒美というのは自分を奮起させるためにとても効果的なアイテムなのです。

目標を達成するまでには努力を重ね続けています。その努力を自分で褒めれば、達成感にもなりますし、次の目標に向かうための活力にもなります。ですから、小さな目標であっても、達成したら自分自身にご褒美を用意するようにしましょう。そうすることで、努力し続けやすくもなりますし、新たな目標に向かって次なる努力もしやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。目標を達成するためには我武者羅に頑張り続けても息切れを起こして努力を続けられなくなってしまいますから、努力を続けるためには、ちょっとしたコツを取り入れることが必要です。最終目標は高い目標にしてもいいのですが、それでは達成するまでに時間がかかってモチベーションの低下が起こりやすくなりますから、最終目標までの間は階段のように小さな目標をいくつか設定するようにしましょう。

また、ストレスが大きいと努力し続けることが難しくなってしまいますので、頑張っている道程の中に楽しみを作ったり、小さな目標でも達成したら自分にご褒美を用意するなどして、最終目標までの道程を楽しみながら進めるようにすることが大切なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 会社の起業資金の集め方!4つの方法
  2. 今からすぐに目標に向けて行動できるテクニック
  3. 目的と目標と手段の違いは?3つの言葉、それぞれが指す意味とは
  4. 今すぐ実践できる簡単節約術
  5. 目標設定とその理論を知り、モチベーションを保ち続けよう
  6. コーチングとティーチングは違う!使い分けて部下を伸ばそう!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.