目標を達成するための考え方のヒント3つ

この記事は2分で読めます

目標を達成するための考え方のヒント

人にはいろいろな目標があります。ただ、ここまでテスト勉強をしよう、ダイエットを成功させよう、などと思っても、なかなか成功することが出来ないと感じている方も多いと思います。そこで今回は、自分が定めた目標をどうしたら達成することができるのか、ということについてお届けします。考え方の一つのヒントとしてご覧ください。

 

1. 小さな成功体験を積むこと

小さな成功体験を積むこと

目標を定めて努力するときに、どうすれば成功するのかと聞かれたとしたら、即答することはできるでしょうか?実はその答えが、目標を達成するための答えになるのです。どのように考え、どのように行動したらうまく行くのでしょうか?たくさんのことを考えては試し、小さな成功体験を積むことで、「自分の使いこなし方」が自然と分かってきます。それを一つ見つけたら、また違う目標に対して、同じようなやり方でやってみれば良いのです。

 

2. なぜあのとき失敗したのかを考えること

なぜあのとき失敗したのかを考えること

過去に目標を達成することができなかったケースを思い出し、なぜ失敗したのかを考えてみましょう。目標が高すぎたのかも知れませんし、何かがきっかけで「もういいや」と思ってしまったのかも知れません。それらの原因が分かれば、その結果を元に次はどうすれば成功するのか、ということを導き出すことができます。そしてそれを実践してみるのです。もしまた失敗してしまったら、違う原因があることになりますので、それらを一つ一つ潰して行けばやがて目標を達成できることになります。

 

3. 自分の限界値を知ること

自分の限界値を知ること

自分はどのレベルまで努力をすると、キツイ、苦しいと感じてしまうのか、自分自身で把握しているでしょうか?この自分の限界値をきちんと把握していれば、継続することが簡単になります。つまり、自分が限界だと感じて行動を止めてしまう手前で、自分自身にストップをかけることができるようになるのです。

目標を達成するまでに行動を止めてしまうのは、無理をしすぎて嫌になってしまうことが大きな原因を占めています。言い換えると、目標を高く設定している方や達成することができない方は、努力のペース配分をうまく行えていないと言っても良いのです。自分はどれだけ頑張ったら休憩やリフレッシュをした方が良いのか、どれぐらいのペースで努力を重ねて行けば良いのか、ということをきちんと把握しておくことによって、目標を達成するためのペースを作りやすくなります。

例えて言うなら、全力疾走をしながら10kmという長距離を走り切れる人間はいません。しかしこれは肉体的なハードルの話ですから分かりやすいのですが、努力は主に精神的な側面が強いもの。走ることとは違って自分の限界値を知ることが難しいのです。ですからなおさら自分の限界値を見極めることができれば、自分なりの努力のペース配分をうまく保つことができ、引いては目標達成に近づくことができるでしょう。

 

4. 自分を卑下し過ぎないこと

自分を卑下し過ぎないこと

特に努力家の方に多く見られる傾向として、自分はこれだけしかできないからダメなんだ、と自分を卑下してしまうことが挙げられます。つい自分を追い込み過ぎてしまうのです。

しかし考え方を少し変えてみましょう。目的は努力することではなく、目標を達成することです。辛い努力を重ねた後に目標達成するのではなく、楽に達成できればそれに越したことはありません。ですから、どんなやり方であっても目標が達成できればそれで良いのです。そして目標を達成することで学べることが多くあります。

最初から難しいやり方で目標を達成しようと考えるのではなく、簡単なやり方でも達成できれば良いと考えることで、精神的な負担を大きく減らすことができるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?ちょっとしたことで、目標達成に対する深刻な考え方を緩めることができ、目標を達成するきっかけになると思います。全部を実践しなくても良いのです。一つでも二つでも、ちょっと考え方を変えてみるだけでも随分と結果は変わってくるでしょう。あなたの努力は決して無駄にはなりません。引き続き頑張って行きましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 目標設定とその理論を知り、モチベーションを保ち続けよう
  2. 目標を達成しよう!英語学習を続ける3つのコツ
  3. スマートの法則で目標達成!ゴールに到達するために知っておきたい正しい目標の立て方
  4. 仕事での目標達成方法!今すぐ実践できる3つの方法とは
  5. 目標を達成するためのコツ
  6. 今すぐ実践できる簡単節約術
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.