1万時間の理論とは~1万時間の努力をすれば誰でも成功するのか~

この記事は2分で読めます

1万時間の理論とは~1万時間の努力をすれば誰でも成功するのか~

スポーツ選手や大企業の社長などの自叙伝を読むと、彼らが楽をして地位や名誉を手に入れたのではなく、努力によって手に入れたことを痛感させられることが多いですよね。何事にも努力は必要です。しかし、努力を続けても必ずしも成功するとは限らないとも感じます。そうなると、相反する思いによって努力をするべきかどうか悩んでしまうことになりかねません。そこでこの記事では、1万時間の理論について解説したいと思います。

 

1万時間の理論とは

1万時間の理論とは

まず、1万時間の理論についてお話します。1万時間の理論とは、マルコム・グラッドウェル氏が提唱した理論であり、モーツァルトなどの世界的な音楽家や世界的に活躍するスポーツ選手がその分野で活躍するための練習には1万時間かかっているというものです。

また、1万時間の理論は1万時間の法則とも呼ばれており、成功している起業家などにも当てはめられます。

 

1万時間の努力をし続けることは可能なのか

1万時間の努力をし続けることは可能なのか

成功を手にするために1万時間の努力をすると聞くと、どれくらいの期間の努力が必要なのかイメージしにくいですよね。1日は24時間であり、睡眠時間など生活に必要な時間を省き1日9時間の努力をすると、1万時間は約3年間となります。3年間、ひたすらに努力をするのは困難にも思えますが、工夫をすることで努力を続けることは可能になります。

まず目標を明確にし、進捗状況を確認しながら努力を続けることです。次に、最初から重く考えず、「まずは3日」「3日続けられたら3週間」「3週間続けられたら3ヵ月」と努力を続ける期間を段階ごとに短く受け止めて向かうことです。

 

1万時間の努力をすれば誰でも成功するのか

1万時間の努力をすれば誰でも成功するのか

1万時間の努力を重ねれば、誰でも人よりも抜きん出た能力や結果を手に入れられるのでしょうか。1万時間の努力は、1日9時間の努力を3年間続けることで達成できるとお話しました。1日9時間と聞くと、労働時間をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

1日9時間の仕事を3年間続けたとして、誰もが成功者になっているかと言えば、そうではありません。これは、個々が持つ能力も影響しています。また、目標を明確にせずに何かを続けても、効果を得られるわけではありません。そのため、ただ1万時間の努力をしても必ず成功するというわけではないと言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。成功者達は、1万時間の努力をして能力や地位などの結果を手に入れており、天才と呼ばれるほどの結果を手に入れるためには1万時間の努力が必要というのが1万時間の理論です。

1万時間は約3年間であり、3年間努力し続けるためには工夫も必要になります。もちろん、努力の仕方や設定する目標、個々の能力値によっては1万時間の努力では突出したスキルを身につけられないこともあるかもしれません。しかし、正しく努力を継続することによって、1万時間を経過する頃には他人よりもある分野で秀でた人材になることは十分可能です。それを目指して頑張ってみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スマートの法則で目標達成!ゴールに到達するために知っておきたい正しい目標の立て方
  2. 目標を達成するための考え方のヒント
  3. モチベーション理論とイメージトレーニング
  4. 仕事での目標達成方法!今すぐ実践できる3つの方法とは
  5. 今すぐ実践できる簡単節約術
  6. 今からすぐに目標に向けて行動できるテクニック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.