目的と目標と手段の違いは?3つの言葉、それぞれが指す意味とは

この記事は2分で読めます

目的と目標と手段の違いは?3つの言葉、それぞれが指す意味とは

日本語は世界的にも難しい言語だと言われています。普段は意識していなくても、ふとした瞬間やきっかけによって、語句の意味を考えていくと「これ、本当の意味って何だろう…?」「この単語とこの単語の違いって何だろう…?」という疑問が浮かぶこともあるでしょう。例えば、「目的」「目標」「手段」の三つの単語は日常生活の中でよく使う単語ですが、それぞれの意味を説明しようと思うと、パッと思い浮かばないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は「目的」「目標」「手段」の三つの単語の意味についてお話します。

 

「目的」という単語が持つ意味とは

「目的」という単語が持つ意味とは

まず、「目的」という単語の意味についてです。「目的」とは、やりたいことの理由です。行動のねらい、実現しようと目指す事柄が「目的」です。

例えば、資格を取得するための勉強をするとしましょう。資格を取得するためのゴールは資格の取得と言えますが、「目的」は資格の取得ではなく、「なぜ資格を取得したいのか」という部分です。独立するためであったり、会社内での昇給や昇格に必要であったり、資格を取得することで何を得たいのかということが「目的」ということになります。

 

「目標」という単語が持つ意味とは

「目標」という単語が持つ意味とは

次に、「目標」という単語の意味についてです。「目的」と「目標」は一見すると似ているようにも見えますが、本来の意味は異なります。「目標」とは、目的を達成したと言える基準、成し遂げようと設けた目当てという意味があります。

したがって、先程の例を使うと、「〇〇のために資格を取得しようと勉強をする」という行動の中の、「資格の取得」が目標となります。自分が目指す物事のゴールとしての基準が、「目標」となるのです。

 

「手段」という単語が持つ意味とは

「手段」という単語が持つ意味とは

最後に、「手段」という単語についてです。「手段」とは、目的や目標が明確化されてから、それらを達成するために必要な方法を指しています。先程の例を用いると、目的があって資格を取得しようとしており、目標は資格の取得となりますから、資格を取得するために必要な方法が手段となります。

したがって、資格を取得するための勉強は、「手段」となります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「目的」「目標」「手段」の三つの単語は使うことが多い単語であり、どことなく似た雰囲気のある言葉です。しかし、それぞれに異なる意味があります。「目的」は行動の理由、「目標」は成し遂げたと判断できる基準、「手段」は目的や目標を達成するために必要な方法という意味があります。

何かを達成するためには、これらを混同せずに考えることが必要と言えるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コーチングとティーチングは違う!使い分けて部下を伸ばそう!
  2. 経営コンサルタントに学歴は必要なのか?
  3. 目標を達成しよう!英語学習を続ける3つのコツ
  4. 心理学検定はビジネスに使える!そのメリット3選
  5. ラテラルシンキングとは~思考法を学んで柔軟に考えよう~
  6. フェルミ推定とは?求められる論理的思考能力
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.