メラビアンの法則を学ぶ~メラビアンの法則と第一印象を良くするためのヒント~

この記事は2分で読めます

メラビアンの法則を学ぶ~メラビアンの法則と第一印象を良くするためのヒント~

「人は見た目が9割」という言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。この言葉の元となったのは、メラビアン効果による現象です。人に対する印象は第一印象がその後も影響しますので、好感度の高い第一印象を残すことが大切と言えます。この記事では、メラビアンの法則がどのようなものかを解説し、第一印象を良くするためのヒントについてお話します。

 

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則とは

まず、メラビアンの法則についてお話します。メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが提唱した法則で、コミュニケーションにおいて人が情報をどのように受け止めるかという内容です。

具体的に言うと、感情や態度とは矛盾したメッセージが発せられた時に人は視覚、聴覚、言語のどの情報を重視するかという研究結果がメラビアンの法則です。この法則では、話の内容などの言語情報が7%、口調や話のテンポなど聴覚情報が38%、見た目など視覚情報が55%の影響を及ぼすという結果が出ています。

 

メラビアンの法則への誤解

メラビアンの法則への誤解

メラビアンの法則は、矛盾したメッセージを受け止める時に影響を受ける情報の割合を導き出しています。しかし、「人は見た目が9割」などの言葉により、話の内容よりも外見が全てのような誤解をされていることも多いです。

メラビアンの法則は、不機嫌な表情でプラスな内容を話すなど、あくまでも感情とは矛盾したメッセージを発した時に人に影響を及ぼす情報の割合を算出したものですから、話の内容を軽視して見た目を重視するわけではないのです。

 

メラビアンの法則を活用して第一印象を良くするには

メラビアンの法則を活用して第一印象を良くするには

メラビアンの法則を誤解していると、「話の内容がダメでも外見が良ければ大丈夫!」と思い込みやすくなります。しかし、本来のメラビアンの法則の意味を見ると、視覚情報程の割合ではないにせよ聴覚情報や言語情報も相手に影響を与えています。

ですから、メラビアンの法則を活用して第一印象を良くするためには、外見だけを磨くのではなく、話の内容、話し方や声色、表情、身振り手振りなど、それぞれに気を配ることが必要だと言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。メラビアンの法則は、矛盾したメッセージを受け止める時に影響を受ける情報の割合が言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%となるという法則です。しかし、見た目が一番大切であり、話の内容に人はそれほど注目しないという誤解も広まっています。

メラビアンの法則を活用して第一印象をよくするためには外見だけではなく、話の内容、話し方や声色、表情のそれぞれにも気を配ることが大切なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ネットビジネスで副業を始めるのは意外に簡単!?初心者でも始められるネットビジネス
  2. 人事考課にはハロー効果が影響している!?評価を左右するハロー効果とは
  3. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.10~12
  4. 千と千尋の神隠しには何が描かれている?心理学から映画を分析!
  5. ビジネス会計検定とはどのような検定か!?
  6. 個性心理学ってどんなもの?リズムを知れば幸せに毎日を過ごせる!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.