ラベリング理論とは~特質を知って対人関係に活かす~

この記事は2分で読めます

ラベリング理論とは~特質を知って対人関係に活かす~

「対人関係って難しい……」と感じたことはありませんか?人はそれぞれ別の生き物であり、別の考え方を持っていますから、全てが自分の思い通りになるようにすることは難しいです。誰かを育てることを難しいと思ったりすることも、人と関わることで息苦しさを感じたりすることもあるでしょう。そうした背景には、ラベリング理論が働いている可能性があります。この記事では、ラベリング理論についてお話します。

 

ラベリング理論とは何か

ラベリング理論とは何か

ラベリング理論とは、1960年代にハワード・ベッカーらによって提唱された理論で、逸脱行為に関する理論です。ベッカーらが提唱したラベリング理論では、「●●をしているから悪い」と逸脱行為を定義するのではなく、逸脱行為は他者によって貼られたレッテルによって生み出されるものだとされています。

レッテルを貼るということは、その人に対して「●●である」というラベルを付けて分類することと同じです。したがって、この理論はラベリング理論と呼ばれているのです。

 

ラベリング理論で人を育てる

ラベリング理論で人を育てる

ラベリング理論は逸脱行為に関する理論ですが、対人関係においても大きな意味のある理論です。「あなたはダメな子だ」と言われ続けた子が「私はダメな子なんだ」と思い込むことによって逸脱行為を起こすようになるというのは、見方を変えると、プラスなイメージを相手に与え続けることで、相手の成長を促すことだってできます。

例えば、「あなたは心優しい人だ」と何度も言っていると、相手の心理には自然と「私って心優しい人なんだ」という意識が生まれます。そして、その意識が行動にも働くようになるため、相手は本当に心優しい人になることができるのです。

 

ラベリング理論を知って、対人関係で心が疲れることを減らす

ラベリング理論を知って、対人関係で心が疲れることを減らす

ラベリング理論は、自分の生活の中に取り入れることもできます。例えば、すぐに大きな声を出している上司に対して「あの人はよく怒る人だ」と自分の心の中でレッテルを貼ったとしましょう。そうすると、上司と接する時には「この人はすぐ怒るから、機嫌を損ねないようにしないと……」「この人はすぐに怒るから苦手だなぁ……」などと感じるようになり、上司と接するだけで心が疲れてしまいます。

しかし、上司は怒っているのではなく、声が大きいだけの人かもしれません。そこで、「すぐに怒る人」というレッテルを一回剥がして上司を見てみましょう。すると、今までならば見えなかった上司のいいところが見えてきたり、上司と接していても心が疲れることも少なくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ラベリング理論は、他者から貼られたレッテルが、レッテルを貼られた人の考え方や行動に影響するというものです。ラベリング理論そのものは逸脱行為に関する理論ですが、この理論は対人関係に大きく関わっています。プラスなイメージを相手に付けることによって、相手を育てることもできます。

そして、人を見る時にレッテルを貼らずに見ることによって、対人関係で自分の心が疲れてしまうことも防げます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人間関係を左右する言葉遣い
  2. 承認欲求について~マズローの欲求5段階説の第4段階~
  3. メンタルモデルの有効活用方法とは!?
  4. NLP資格を取得するということ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.