ウィンザー効果ってどんなもの?心理学テクニックの解説と使用例

この記事は2分で読めます

ウィンザー効果ってどんなもの?心理学テクニックの解説と使用例

心理学には難しいイメージもありますが、実は私達の生活の中にはあらゆる場面で心理学のテクニックが使われています。恋愛、ビジネスだけでなく、物を購入する時や他人に対する評価をする時にも心理学の効果が影響していることがあるのです。ウィンザー効果は、その代表格とも言えるでしょう。この記事では、ウィンザー効果の解説と使用例についてお話します。

 

ウィンザー効果とはどのような効果なのか

ウィンザー効果とはどのような効果なのか

まず、ウィンザー効果がどのようなものなのか解説します。ウィンザー効果とは、当事者が言っていることよりも、第三者から間接的に受け取る情報を信頼しやすくなる効果です。

ウィンザー効果の由来は、アーリーン・ロマノネスのミステリー小説『伯爵夫人はスパイ』の中で侯爵夫人が発言した「第三者の褒め言葉がどんなときにも一番効果があるのよ、忘れないでね」というセリフです。このセリフが指しているように、人は第三者の意見や情報に信頼を置きやすくなるのです。

 

ビジネスにおけるウィンザー効果の使用例

ビジネスにおけるウィンザー効果の使用例

それでは、ビジネスシーンでウィンザー効果を心理学テクニックとして使う場合、どうしたらいいのでしょうか。ここでは、ビジネスシーンでの使用例をご紹介します。

ある製品を営業先に売り込むとしましょう。営業マンは製品の良さや製品を使うことで得られるメリットをアピールしますよね。この時に、売り込みたい製品を実際に使った他のお客様の感想を一緒に伝えるのです。他のお客様の感想は第三者の意見ですから、営業先の相手にも響きやすくなります。

 

恋愛におけるウィンザー効果の使用例

恋愛におけるウィンザー効果の使用例

前項ではビジネスシーンにおけるウィンザー効果の使用例をご紹介しましたが、ウィンザー効果はプライベートでも使うことができます。例えば恋愛です。ここでは、恋愛におけるウィンザー効果の使用例をご紹介します。

ウィンザー効果は、人は第三者の意見や情報を信じやすいというものです。ですから、恋愛でも第三者の声を使うのです。例えば付き合いたいと思っている相手がいるとしましょう。その相手に振り向いてもらうためには、相手の友人などに「●●さんと付き合ったらいいんじゃない?」など、あなたを薦めてもらうのです。そうすると、相手はあなたを意識しやすくなりますし、友人から言われたように付き合ったら幸せになれるような気がしてくるため、告白した時の成功率が上がります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ウィンザー効果という名称を耳にしただけではわからなくても、第三者の声を信じやすいという効果だと知ると、「確かにお店を探す時に口コミを参考にしてた…!」と感じる方も多いのではないでしょうか。

ウィンザー効果はビジネスでもプライベートシーンでも使える効果ですので、皆さんも取り入れてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. カウンセラーとセラピストの違いとは?
  2. 意思決定する時に注意したいこと
  3. マズローの欲求5段階説を転職に活用してみると
  4. ミラーリングって何?心理学を使って心の距離を近付ける方法
  5. メンタル心理カウンセラーになるには
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.