クリティカルシンキングを習得しよう~思考の基本を学ぶ~

この記事は2分で読めます

クリティカルシンキングを習得しよう~思考の基本を学ぶ~

物事を考える時には、情報を元に思考を進めます。しかし、全ての情報が正しいとは限りませんから、情報を鵜呑みにしていてはいけません。思考を進める上では、情報を疑うことも必要なのです。クリティカルシンキングは思考法の中でも基本的なものです。それでは、クリティカルシンキングとはどのようなものなのでしょうか。この記事では、クリティカルシンキングについてお話します。

 

クリティカルシンキングとは何か

クリティカルシンキングとは何か

まず、クリティカルシンキングについてお話します。クリティカルシンキングとは、批判的、あるいは懐疑的な思考法です。クリティカルシンキングの目的は、可能な限りもっとも正しいとされる答えを導き出すことであるため、客観性を重視します。そのため、意見や情報を鵜呑みにすることはせず、本当に正しいのかという疑問を持ち続けながら思考を進めます。

 

クリティカルシンキングをする上で混同してはいけないこと

クリティカルシンキングをする上で混同してはいけないこと

クリティカルシンキングは批判的な思考法です。批判と聞くと、他者の意見や他者から与えられた情報を批判するイメージが湧きやすいですよね。確かに、他者を批判することも批判ではあります。しかし、クリティカルシンキングは他者だけを否定するのではありません。

クリティカルシンキングは、単純に他者を批判するのではなく、自分自身の論理構成や内容についても懐疑的にならなければなりません。これは自分自身の考えに対しても批判的に見ることで、客観性が保たれるからです。ですから、他者を批判する思考法として捉えるのは間違いと言えます。

 

クリティカルシンキングをするために必要なこと

クリティカルシンキングをするために必要なこと

クリティカルシンキングをするためには、情報をそのまま受け取るのではなく、外部にも自分自身にも批判的になって思考をすることが必要だと前項でお話しましたが、クリティカルシンキングをするためには、他にも必要なことがあります。

それは、基本姿勢です。クリティカルシンキングをするためには、目的は何かということを常に意識し、思考を進める際には自分の思考の癖を前提において問い続ける姿勢が必要となります。また、自分の思考の癖に加え、社会情勢や市場の状況なども前提としておきながら考える必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。クリティカルシンキングは批判的な思考法であり、数ある思考法の中でも基本的な存在です。論理的な思考法であるロジカルシンキングと批判的な思考法であるクリティカルシンキングのどちらをも取り入れることで、客観性のある思考によって正しい結論を導くことができます。

皆さんも、クリティカルシンキングを取り入れてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マーケティングは資格が必要?仕事におけるマーケティング資格の必要性と種類について
  2. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.19~21
  3. ビジネス会計検定とはどのような検定か!?
  4. 会社の起業資金の集め方!4つの方法
  5. インストア・マーケティングとは何か?時代と共に進化している!?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.