イシューツリーって何?仮説証明と思考法について

この記事は2分で読めます

イシューツリーって何?仮説証明と思考法について

物事を考える時、頭の中で考えるだけの時もあるでしょう。しかし、原因や結果、過去のデータなどに基づいて順序立てて論理的に考えるロジカルシンキングでは、イシューツリーというものを使います。それでは、イシューツリーとは、どのようなものなのでしょうか。この記事では、イシューツリーについてお話します。

 

イシューツリーとは何か

イシューツリーとは何か

イシューツリーとは、問題を解決するための思考の一つです。イシューとは論点であり、イシューツリーを作る事によって論点を明らかにし、根本的な原因を見出すことができます。まず、イシューツリーでは問題をフレームワークやMECEで分解し、仮説を出発点としてその仮説が正しいか否かによって最初のゴールデンカットが作られます。

そして、その後もYESかNOで答える形で論点を書きます。これを根本的な原因に至るまで繰り返すと、イシューと仮説によって木の枝のように大きくイシューツリーが広がります。

 

イシューツリーを用いるメリットとは

イシューツリーを用いるメリットとは

イシューツリーを用いると、いくつもの仮説を検証しながら更なる論点を見つけ出していますから、様々な側面から問題を捉えることができます。また、視覚化することによって自分で再認識しながら思考を進められるのもイシューツリーを用いるメリットでしょう。

また、イシューツリーとして思考を書き出していると、論点と仮説を書きながら、問題を捉える上で重要ではないものを見付け、必要ではないものを切り離して考えることができます。

 

イシューツリーを作る時のポイント

イシューツリーを作る時のポイント

それでは、イシューツリーを作る時には、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。

まず、文章を書く時には、イシューツリーが大きくなった時でも問題を理解しやすいように短くて完結な文章で書くことが大切です。次に、最初からフレームワークやMECEで分解するのが難しい場合には、思いつくものをリストアップしてから分類し、それからフレームワークやMECEを使うといいでしょう。最後に、忘れてはいけないのが論理的な矛盾の確認です。イシューツリーを作っても、その中に矛盾があっては意味がありませんから、必ず確認しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。イシューツリーとは、問題を解決する際に使う思考の一つであり、論点と仮説によって枝分かれを繰り返し、木の枝のように広がっていきます。イシューツリーは根本的な原因を探るために有効なだけでなく、問題を検証する上で必要ではないものを切り捨てたり、視覚化することで再認識しながら思考を進められるというメリットがあります。

皆さんも、頭の中で考えるだけではなく、イシューツリーを書き出しながら思考を進めてみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コホート分析とは何か?マーケティングにどう利用する?
  2. 経営コンサルタントに学歴は必要なのか?
  3. 仕事を辞めるか?転職をするか?女性の場合と男性の場合
  4. 仕事ができる人ってどんな人?仕事ができる人の特徴とは
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.