メンタル心理カウンセラーになるには

この記事は2分で読めます

メンタル心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーという、近年注目度が高まっている職種があります。一口に心理カウンセラーと言ってもいろいろな種類があり、中でも一番有名なのが臨床心理士でしょう。例えば「千里眼」や「万能鑑定士Qの事件簿」などで有名な、作家の松岡圭祐が元・臨床心理士です。他に精神科ソーシャルワーカーとも呼ばれる精神保健福祉士(国家資格)、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する産業カウンセラー、日本能力開発推進協会が認定するメンタル心理カウンセラーなどがあります。

今回は、この中で心理カウンセラー資格取得の入門編とも言える「メンタル心理カウンセラー」についてご紹介したいと思います。

 

メンタル心理カウンセラーとは

メンタル心理カウンセラーとは

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する民間資格です。資格取得にかかる期間は最短で2ヶ月、総費用は4~5万円とリーズナブル。またネットから申し込みが可能で、通信教育で学び、検定試験も自宅で受けることができます。つまりテキストを見ながら、時間も気にすることなく問題に取り組めますので合格率の高い資格と言えます。

資格試験は簡単であっても、学ぶことで様々なメリットも享受することができる資格でもあります。

 

資格取得法

資格取得法

日本能力開発推進協会が認定する講座に申し込み、カウンセリングに関する基礎知識を学びます。カリキュラムは概ね下記のようになっています。

・カウンセリングに関する基礎知識
・クライエントに関する基礎知識
・心理学に関する基礎知識
・精神医学の基礎知識

これらをテキストとDVDで学びます。カリキュラムの修了後に検定試験を受験し、合格すればめでたくカウンセラーの仲間入りです。合格率は明らかにされていませんが、きちんと学べばほとんど落ちることはないようです。

 

資格取得のメリット

資格取得のメリット

メンタル心理カウンセラーの資格だけを取って開業するというのは少し冒険が過ぎますが、下記のような日常生活の中で大変役に立つスキルが身につきます。

・診療所やクリニック、保育士などの就職に有利になる。
・一般企業の管理職やスタッフなどで、カウンセリングスキルがあると問題解決の一助になる。
・接客業や営業職では、相手の心理を分析した適切な対応ができるようになり、仕事上有利となる。

 

まとめ

カウンセリングとは「相談する」という意味で医療行為ではありません。クライアントの心を治療するのではなく、心の成長を助けるという機能であり、指導者ではなく支援者という位置づけです。

原則として使うのはコミュニケーションです。そのような意味で、判断材料を情報という形で提供するコンサルティングや、クライアントの立場を考えない宗教活動とは大きく異なります。

自分自身や職場のメンタルケアに役立てるだめに、カウンセリングを学ぶという人も多いようです。メンタル心理カウンセラー資格はまだ公的資格ではありませんが、自分や職場・家庭などの環境改善に役に立つスキルが身につきます。費用対効果という意味からもチャレンジして無駄になることはない資格と言えるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 社会人向けのビジネススクールの種類とメリット
  2. ビジュアルシンキングとロジカルシンキングの違いとは~内容と効果について~
  3. 空白の法則を知って幸運を引き寄せる!あなたが幸せになるためにできること
  4. メラビアンの法則を学ぶ~メラビアンの法則と第一印象を良くするためのヒント~
  5. NLPコーチングって何?資格やその活用方法について
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.