実践で使える初級ビジネス英単語 No.10~12

この記事は2分で読めます

実践で使える初級ビジネス英単語 No.10~12

グローバル化が進む昨今の日本では、多くの日本企業が外国の企業や顧客とグローバルに関わっていく場面が増加傾向にあります。そんな中、英語が苦手な日本人は外国の企業に比べたら苦労する機会は多いでしょう。それでも英語が必要な時代に突入している今、少しでもビジネス英語を覚える必要があります。今回は、英語初心者用の初級ビジネス英単語、No.10~12です。

 

requirement(必要事項・必要条件)

requirement(必要事項・必要条件)

“requirement”は求人の「必要事項」や、大学入試の「条件」など、「何かに必要なもの」といった意味で利用される場合が多いです。ビジネスの場面だと、“What is a requirement of signing a contract?”(契約を結ぶための条件はなんですか?)といったような使い方ができます。

また、動詞として使う場合は”require”で、”need”(必要)とほぼ同じ意味ですが、よりフォーマルでビジネスライクな意味として使えます。

 

qualification(資格・条件)

qualification(資格・条件)

“qualification”は求人応募の「資格」や、採用の「条件」などの意味合いで使われます。新しく仕事に応募する時は、人事で採用などを担当している人は特に使う単語なので覚えておきましょう。“What kind of qualification do I need to work in this company?”(この会社で働くにはどのような資格が必要ですか?)といった具合に使えます。

 

information(情報)

information(情報)

日本語でも「インフォメーション」と使うくらい誰もが知っている単語ですが、英語でもほとんど同じ意味でよく使われます。

“information of your company”(あなたの会社の情報)、”information of this seminar”(このセミナーの内容)、”useful information about starting new business”(新しい仕事を始めるのに便利な情報)などのように、様々な場面で使える便利な単語です。日常生活でもビジネスでも活用できるので、色々なパターンを覚えておくといいでしょう。

 

まとめ

英語な苦手な日本人はどうしても今まで英語を使う場面を避けてきた人が多いと思います。でもこれからの日本はグローバル化になっていくので、英語をビジネスで使う場面は避けられないのは事実です。最初は難しいかもしれませんが、基本的な単語やフレーズを覚えて実践していくことによって少しずつ英語スキルが身につき、社内でも腕利きの社員になれる日も来るでしょう。そのためには、できるだけ早く、英語の習得を始め、少しでもチャンスがあればどんどん自分から英語を使っていくことが大事です。

今回紹介した3つの単語は、ビジネスでも情報にまつわる単語となっています。採用や転職、そして新しい仕事を始める場合などは特に使う単語ですので、今後のためにも今のうちに覚えておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 思考整理術
  2. 独立して開業するならフランチャイズがオススメ!
  3. スペシャリストってどんな意味?ゼネラリスト・プロフェッショナルとの違いとは?
  4. アンカー効果って何?売り手も買い手も判断ミスや失敗をなくすために知っておきたい心理効果
  5. マーケティングのフレームワークを目的に合わせて使い分けよう!
  6. マーケティングの4Pって?物を売るために知っておきたい4Pの仕組み
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.