経営マネジメントに役立つ資格とは?検定を受けてキャリアアップしよう!

この記事は2分で読めます

経営マネジメントに役立つ資格とは?検定を受けてキャリアアップしよう!

「今まではただ指示された業務をこなしていただけだったけど、管理職になったらもっといろいろ勉強しなきゃ…でも、何をどう勉強していいのかわからない」こういった悩みを抱えている人は多いと思います。

そこでご紹介したいのが「マネジメント検定」です。これは「経営学検定」とも呼ばれ、この資格を持っていると一定のマネジメント能力があると認められ、キャリアアップにつながります。そこで今回は、このマネジメント検定について解説したいと思います。

 

マネジメント検定とは?

経営マネジメントに役立つ資格とは?検定を受けてキャリアアップしよう!

はじめに、マネジメント検定とはどういったものなのかの概要をご説明します。マネジメント検定とは経営学検定とも呼ばれるもので、解説されるときにはこのどちらかが使われますが、ここではマネジメント検定に統一します。この検定は、経営マネジメントに関する一定の基礎知識やマネジメント能力、問題解決能力を証明する資格となっています。この検定の特徴は、マネジメントに関する基本的な知識を知っているかどうかはもちろんのこと、技能検定もあります。

 

マネジメント検定とはどんな試験なのか?

マネジメント検定とはどんな試験なのか?

次に、マネジメント検定の試験についてですが、マネジメント検定は初級、中級、上級の3つに分かれています。初級は4択問題が50問で、90分の試験となります。費用は4,700円です。中級は4択問題が100問で、80分の試験です。費用は6,800円です。

ここまではマネジメントの知識を問う選択式のペーパーテストなのですが、上級は違います。上級は、組織の幹部候補が受験することが多い試験です。1次試験と2次試験に分かれていて、1次試験はケーススタディを分析する論述問題が2問(180分、8,400円)で、2次試験は経営課題についてレポートを作成し、プレゼンテーションを行い、その後グループディスカッションがあります。

2次試験は、レポート作成は自宅で行い、プレゼンとディスカッションは会場で行います。プレゼンでは、10分程度のプレゼン時間の後に5分程度の質疑応答があり、またグループディスカッションは40分行われます。2次試験の費用は28,000円となっています。

 

マネジメント検定は様々な場所で活用されている!

マネジメント検定は様々な場所で活用されている!

マネジメント検定は、ビジネスパーソンのキャリアップや転職のみならず、様々な場面で活用されています。学生であれば就職活動でアピール材料になりますし、自身の勉強のモチベーションアップや目標設定にも活用できます。産業界では、マネジメント能力の評価や人事情報に活用されています。

また自治体では、従来は希薄と言われていた経営の視点を入れていくことにも活用されています。このように、マネジメント検定で資格を取得すると様々な場面で役に立つのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、経営において役に立つマネジメント検定についてお話してきました。

マネジメント検定はビジネスではもちろんのこと、他にも様々な場面で役に立ちます。マネジメントの視点はもはやどの業界にいても必要となる能力ですから、この検定を活用してご自身の成長に役立ててみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ネットビジネスの開業にリスクはないのか?
  2. ネットビジネスで副業を始めるのは意外に簡単!?初心者でも始められるネットビジネス
  3. 世界のMBAのランキングはどうなっているのか?日本のMBAは?
  4. 経営戦略のフレームワーク!ぜひ知っておきたいバランスト・スコアカードとは?
  5. 中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.