睡眠時間の確保で仕事が捗る理由とは?眠気に耐えながら続けても効果なし!?

この記事は2分で読めます

睡眠時間の確保で仕事が捗る理由

やらなければいけない仕事が山積みの時、あるいは少しでも早く仕事を片付けてしまいたい時に、眠気に襲われたらどうしますか?眠気覚ましのガムを食べたり、コーヒーや眠気覚ましに効果のあるドリンクを飲んで、眠気を追い払おうとされる方も多いでしょう。確かに、人生の中では眠くなっても自分の眠気よりも仕事を優先しなければいけない時だってあります。
しかし、普段の仕事から眠気を我慢して仕事をする必要はありません。実は、眠気を感じた時に無理をして仕事をするよりも、睡眠時間を確保してから新たな気分で仕事に向かった方が捗るのです。それでは、なぜ睡眠時間の確保によって仕事が捗るのでしょうか。今回は、睡眠時間の確保で仕事が捗る理由についてお話します。

 

1.眠気は体のSOS!人間は眠らないことで一番体力を消耗する

眠気は体のSOS

仕事をしなければいけない時に眠気が起こると面倒に感じられる方も多いでしょう。眠気が起こると、集中力が落ちるので仕事の進み方が悪くなったり、ミスが起きやすくなってしまったりと困ることも多いものです。しかし忘れてはいけないのは、眠気は体からのSOSのサインであることです。食後に消化をするために胃に血液が集中し、一時的に眠気に襲われることもありますが、睡眠不足の日々が続いていると食後でなくても眠気が起こります。

人の体の健康を維持するためには食事も必要不可欠ですが、睡眠も欠かせません。睡眠が足りていないと、脳や体の疲労を全て回復することが出来ないうちに新たに疲労が溜まってしまうため、どんどん体力を消耗してしまいます。体力が落ちれば、仕事が捗らないだけでなく健康も損なってしまいますから、睡眠不足が続いている時には少しでも休めるようにしなければいけません。

 

2.仮眠によって脳や体の疲れが回復できる

仮眠による脳や体の疲れを回復

睡眠不足が続いていると、日中でも眠気に襲われたり、頭がぼんやりとするように感じたりします。健康のためにも睡眠不足は早めに解消しなければいけませんが、仕事のスケジュールによってはなかなかまとまった休息が取れない時もあるでしょう。そんな時には仮眠をとることをおすすめします。

眠気覚ましの成分を配合しているドリンクやガムで強引に眠気を吹き飛ばそうとしたり、冷たい水で顔を洗って眠気を覚まそうとすることもいいのですが、それは一時的な解決にしかなりません。可能であれば、少しの時間だけでも仮眠をとりましょう。少しでも眠れば、その分脳も体も休まるので、仮眠から起きた後にはすっきりとした気分でまた仕事に向かえます。

 

3.眠気覚ましの常用に潜む危険

眠気覚ましの常用に潜む危険

眠気覚ましのためにコーヒーを飲んだり、ガムやドリンクを使う方も多いでしょう。また、カフェインが多く配合されている薬で眠気を払おうとされる方もいらっしゃるでしょう。仕事中の眠気は鬱陶しいものですし、運転などを伴う仕事ならば命にも関わります。しかし、眠気覚ましの常用には危険も潜んでいます。

そもそも体の仕組みにより、脳や体に疲労が溜まって眠気が起こっているものを強引に押さえ付けるのですから、体へのダメージは避けられません。また、カフェインの過剰摂取は胃痛や粘膜を弱らせることもあります。ですから、眠気覚ましを一時的に使うだけでなく、常用するのは考え物と言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。仕事をしている時に眠気に襲われると、眠気覚ましをしつつ、眠気に耐えながら仕事をされる方もいらっしゃるでしょう。しかし、眠気は体からのSOSのサインであり、少しでも眠ることで脳や体の疲れは癒され、眠気を我慢して仕事をするよりもパフォーマンスが高まります。実際に、社員のパフォーマンス向上のために仮眠を許していたり、仮眠のための部屋を設けている企業もあるくらいなのです。眠気に襲われても耐える以外の方法があるということを覚えておいてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.19~21
  2. 中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?
  3. コンビニ経営で成功するために必要な3つの要素とは?
  4. 経営マネジメントに役立つ資格とは?検定を受けてキャリアアップしよう!
  5. 大学で心理学を学ぶには英語は必須?心理学を学び始める前に知っておきたい3つのこと
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.