実践で使える初級ビジネス英単語 No.13~15

この記事は2分で読めます

グローバル化が進む昨今の日本では、多くの日本企業が外国の企業や顧客とグローバルに関わっていく場面が増加傾向にあります。

そんな中、英語が苦手な日本人は外国の企業に比べたら苦労する機会は多いでしょう。それでも英語が必要な時代に突入している今、少しでもビジネス英語を覚える必要があります。今回は、英語初心者用の初級ビジネス英単語、No.13~15です。

 

management(マネジメント・管理 )

management(マネジメント・管理 )

“management”は日本語でも普通に使われている「マネジメント」という意味です。より日本語で表現するなら「管理」と言ったところです。この単語は単体よりも”time management”(時間管理)や”task management”(タスク管理)など、他の単語と組み合わせて利用する場合が多いです。

会社員になると、部下のマネジメントや自分のマネジメントなど、成長には欠かせないスキルですので言葉も覚えておきましょう。

 

schedule(予定・スケジュール )

schedule(予定・スケジュール )

“schedule”は「スケジュール」として普通に日本語でも使われていますが、英語でも普通に同じ意味で使われます。

“What is your schedule on the weekend?”(今週末の予定はなんですか?)など一般的な使い方から、”Did you decide the schedule about your project?”(あなたのプロジェクトの進行スケジュールは決まりましたか?)などのビジネスライクな使い方までさまざまですので覚えておきましょう。

 

project(プロジェクト・企画・計画)

project(プロジェクト・企画・計画)

“project”も日本語で最近はよく使われている「プロジェクト」や「企画」と言った意味で英語でも使われています。ビジネスではよく”start up a project”「プロジェクトを立ち上げる」という表現が英語でも日本語でも使われていますので、どちらのパターンも把握しておきましょう。

 

まとめ

英語な苦手な日本人はどうしても今まで英語を使う場面を避けてきた人が多いと思います。でもこれからの日本はグローバル化になっていくので、英語をビジネスで使う場面は避けられないのは事実です。最初は難しいかもしれませんが、基本的な単語やフレーズを覚えて実践していくことによって少しずつ英語スキルが身につき、社内でも腕利きの社員になれる日も来るでしょう。そのためには、できるだけ早く、英語の習得を始め、少しでもチャンスがあればどんどん自分から英語を使っていくことが大事です。

今回紹介した3つの単語は、一般的に日本企業でもカタカナで使われている単語です。ただ普段から意識して英語での使い方も知っておかないと、いざ英語になると意外と頭に浮かばないものですので、ぜひ一度英語で使ってみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 会社の起業資金の集め方!4つの方法
  2. ビジネスにロジカルシンキングを使ってスキルを磨く
  3. Coach(コーチ)の意味から分かるコーチングとティーチングの違いとは?
  4. 英会話はスカイプで簡単に学んでビジネスに活かそう!そのメリット4選
  5. 国家資格は一覧化されている?国家資格とはそもそも何か?
  6. ネットビジネスの開業にリスクはないのか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.