生産管理オペレーションとは何か?関連する資格は?

この記事は2分で読めます

生産管理とは、文字通り「生産」を「管理」することです。生産の管理には、納期に間に合いそうかどうかをチェックしたり、コストが適正かどうかをチェックしたり、品質管理ができているかを確認したりすることになります。

このように、生産の時点でとても大事な生産管理ですが、これに関連して「生産管理オペレーション」というものもあります。生産管理オペレーションとは一体何なのか?そしてそれに関連する資格について、ここではご紹介します。また、生産管理オペレーションと両輪を成す「生産管理プランニング」についても理解してしまいましょう!

 

生産管理の2つの資格

生産管理の2つの資格

生産管理には2つの資格があります。1つは「生産管理オペレーション」で、もう1つは「生産管理プランニング」です。

生産管理オペレーションは、「作業・行程・設備管理」「資材・在庫管理」「品質管理」「原価管理」「納期管理」「安全衛生管理」などに関する項目を守備範囲とする資格です。

生産管理プランニングは、「生産システム・生産計画」「品質管理」「原価管理」「納期管理」などを守備範囲とする資格です。

どちらも、生産管理全般の知識を有することを証明するための資格となっています。しかしこうして見ていくと、両者は重複する部分もありますよね。では、一体この2つの資格はどう違うのでしょうか。次にそれを見ていきましょう。

 

生産管理オペレーションと生産管理プランニングの違いは?

生産管理オペレーションと生産管理プランニングの違いは?

生産管理オペレーションと生産管理プランニングの違いは、どの段階を担当するのかが違います。生産管理オペレーションは、生産システムを実際に動かす段階に関するものです。一方で、生産管理プランニングは、生産する前の設計や計画段階に関するものです。「オペレーション」は「業務」であり、「プランニング」は「計画」という意味ですので、分かりやすいですね。

製品を生産するときは、まず計画を立ててから、実行段階で当初の計画通りに進んでいるかをチェックしますから、両者はどちらも欠かせないものですよね。2つの資格を持っていると、生産管理全般に携わることができます。

 

生産管理オペレーションの資格はどんな資格?

生産管理オペレーションの資格はどんな資格?

最後に生産管理オペレーションの資格について見ていきます。

生産管理オペレーションの資格は3級と2級があり、3級は生産管理の基礎を、2級は中級レベルまでの生産管理の知識を問うものとなります。3級に関しては、受験費用は6,000円。4択問題で100点満点のテストです。大体6割以上取れれば合格するようですね。

ちなみに、これは生産管理プランニング3級の資格もほぼ同じです。合格率は50~60%程度で、しっかりと準備すれば十分合格できる試験と言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、生産管理オペレーションと生産管理プランニングについての概要をご説明し、その資格についてもお話してきました。生産管理の知識はキャリアアップのための強力な武器となる資格です。しっかり勉強して、生産管理のプロを目指してください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?
  2. 世界のMBAのランキングはどうなっているのか?日本のMBAは?
  3. カフェで独立を目指すサラリーマンが、開業で気をつけること五箇条
  4. シャルパンティエ効果って何?心理学をビジネスに活かす方法
  5. スマートの法則で目標達成!ゴールに到達するために知っておきたい正しい目標の立て方
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.