ピグマリオン効果とハロー効果の共通点とは?

この記事は2分で読めます

ピグマリオン効果とハロー効果の共通点とは?

「ピグマリオン効果」と「ハロー効果」をご存知でしょうか?ピグマリオン効果もハロー効果も、心理学の分野で研究されている効果です。ここでは、両者についてそれぞれ説明し、両者の共通点についてお話したいと思います。

 

ピグマリオン効果とは?

ピグマリオン効果とは?

最初にピグマリオン効果についてご説明します。ピグマリオン効果は、簡単に言うと「人は期待通りの成果を出す傾向がある」という効果のことです。

これについて、教育心理学の分野での有名な実験があります。実験者はクラスを、成績優秀者がそろったAクラスと成績のあまり良くない生徒がそろったBクラスに分けました。そして、教師はAクラスには「このクラスは成績が悪いクラスです」と告げ、Bクラスには「このクラスは成績が良いクラスだ」とそれぞれ逆のことを告げました。

すると、Aクラスの生徒は成績が下がり、Bクラスの生徒は成績が上がったのです。ここから、人は期待された通りの結果を出す傾向があるという結果が導き出されたわけです。

 

ハロー効果とは?

ハロー効果とは?

次に、ハロー効果について見ていきましょう。ハロー効果とは簡単に言うと、「人は他人を判断する時、その判断がある特徴によって変化してしまう」という効果のことを言います。

たとえばわかりやすいのが肩書きや容姿です。

「この人はこんなに高学歴なのだから、きっと人格も優れていて信用できるはずだ」
「この人はとても綺麗だから、きっと仕事もできるのだろう」

というような感じです。

もちろん、学歴が高いからといって必ずしも信用できるとは限りませんし、仕事ができるかできないかも容姿とは関係がありません。しかし私たちは、このように判断してしまいがちなのです。

 

ピグマリオン効果とハロー効果の共通点は?

ピグマリオン効果とハロー効果の共通点は?

最後に、ピグマリオン効果とハロー効果の共通点についてですが、ピグマリオン効果もハロー効果も、両者とも「相手に対してレッテルを貼る」という点では共通していることになります。ピグマリオン効果では、生徒の現状とは逆のレッテルを貼りました。ハロー効果でも、相手の現状に対して「きっとこうだろう」とレッテルを貼りました。

その点ではどちらも共通しているのですが、もちろん異なる点もあります。それは、ピグマリオン効果は相手の現状とは違うレッテルを貼り、その方向に相手を動かすということであるのに対し、ハロー効果は相手の一部を見て全体を判断するため、誤認が起こってしまうということです。

両者は重複する部分もありますが、異なる効果ですので注意しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、ピグマリオン効果とハロー効果の共通点についてお話しました。その結果、両者はレッテル貼りという共通点はあるものの、異なる効果であることがわかりました。
ピグマリオン効果は、教育現場だけでなく、ビジネスの現場で部下のモチベーションを上げるためにも使われています。ぜひ、日常の様々な場面で役立ててみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピグマリオン効果とゴーレム効果 心理学の実験から分かる両者の違いについて
  2. 社会心理学とは何か!例やテーマを用いて学ぼう
  3. 心理学の勉強の効果的な方法3つ
  4. 承認欲求について~マズローの欲求5段階説の第4段階~
  5. 行動心理学を使ってしぐさから好意を察知!恋愛にも使える心理テクニック
  6. メンタルを強化するということはどういうことか?
  1. この記事へのコメントはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.