実践で使える初級ビジネス英単語 No.22~24

この記事は2分で読めます

実践で使える初級ビジネス英単語 No.22~24

グローバル化が進む昨今の日本では、多くの日本企業が外国の企業や顧客とグローバルに関わっていく場面が増加傾向にあります。そんな中、英語が苦手な日本人は外国の企業に比べたら苦労する機会は多いでしょう。

それでも英語が必要な時代に突入している今、少しでもビジネス英語を覚える必要があります。今回は、英語初心者用の初級ビジネス英単語、No.22~24です。

 

suggestion(提案)

suggestion(提案)

“suggestiont”は日本語で「提案」という意味です。会議や同僚との話し合いの中などでよく使う単語です。会議でみんなから提案をもらいたい時は、”Do you guys have any suggestions?”といった使い方ができます。自分から提案したい場合は、”I have one suggestion for you.”と使います。会議の中では必ずと言っていいほど使いますので、早めにマスターしましょう。

 

explain(説明する、報告する、明らかにする)

explain(説明する、報告する、明らかにする)

“explain”は日本語で主に「説明する」という意味です。業務内容を説明したり、事業内容、サービスの説明をする時に使います。会議で、”Could you explain about the new service we are going to sell?”(我々が今後発売する新しいサービスについて説明してもらえますか?)や”Please explain why you think your idea is suitable for new project”(なぜあなたのアイデアが新しいプロジェクトに相応しいか説明して下さい。)などといった形で利用できます。

上司が主に部下に会議や話し合いで使う言葉ですが、部下からもどんどん説明を聞く場合もあるので、どんな立場でも利用できます。

 

decision(決定、判断)

decision(決定、判断)

“decision”は日本語で「決定」や「判断」といった意味です。経営方針や新規事業内容の決定や判断など、幹部の会議などではよく利用されます。他にも、”Do you think our boss’ decision is correct?”(あなたは我々のボスの判断が正しいと思いますか?)などと下部組織でも使う場合も多々あります。

 

まとめ

英語な苦手な日本人はどうしても今まで英語を使う場面を避けてきた人が多いと思います。でもこれからの日本はグローバル化になっていくので、英語をビジネスで使う場面は避けられないのは事実です。最初は難しいかもしれませんが、基本的な単語やフレーズを覚えて実践していくことによって少しずつ英語スキルが身につき、社内でも腕利きの社員になれる日も来るでしょう。

そのためには、できるだけ早く、英語の習得を始め、少しでもチャンスがあればどんどん自分から英語を使っていくことが大事です。

今回紹介した3つの単語は、基本的には一般企業の事務職の上司から部下に対して使う場合が多い単語ですので、上司の立場の人は絶対に覚えておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 会社員の確定申告 副業で稼いだあなたに
  2. フェルミ推定で自動販売機の数を割り出してみよう!フェルミ推定の仕組みや役割とは
  3. 国家資格は一覧化されている?国家資格とはそもそも何か?
  4. 手帳を使って家計も時間も節約する方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.