コミュニケーション能力の診断テストとの付き合い方

この記事は2分で読めます

コミュニケーション能力の診断テストとの付き合い方

人間は生活していく上で、誰かしら、何かしらと関わっていかなくてはなりませんが、相手があってのことですので、なかなか思うようにはいかないものです。

仕事に限らずプライベートでも、関係が上手くいかない原因は何なのか、どうすれば良いのかを知るきっかけとして、自分のコミュニケーション能力が診断できるテストがよく使われていたりします。

コミュニケーション能力の診断テストは、マネジメント系のセミナーの中でも実施されることが多いですし、心理学に関するサイトを中心にインターネットでも広く公開されていますので、自宅にいながら気軽に試してみることができます。

せっかく気軽に診断できるようになったのですから、自分自身の成長につながるような診断テストとの付き合い方を探ってみたいと思います。

 

コミュニケーション能力の診断テストを受けるときはどんな時?

 コミュニケーション能力の診断テストを受けるときはどんな時?

まず、コミュニケーション能力診断テストをやってみようと思うのはどんなときでしょうか?

好調の時にその原因を知っておきたいと受ける人も中にはいるかもしれませんが、調子が良い時は自分が正しいと思っていますので、なかなかそういう行動は思い浮かばないものです。

やはり弱気になっているときが大多数ではないでしょうか。調子の良い時とは逆で、自分が悪いのかもしれない、何がいけないのか、と思う気持ちがそうさせます。それは決して悪いことではありません。むしろ向上心(反省)の現れであると言えるでしょう。

 

コミュニケーション能力の診断テストでは何を診断してくれるのか?

コミュニケーション能力の診断テストでは何を診断してくれるのか?

では、コミュニケーション能力の診断テストは、その気持ちに対する答えが得られるのでしょうか?

セミナーなのか一人なのかといった実施方法や、基礎的あるいは専門的なのかなど、テストの種類はいろいろありますが、導入編とでも言うべき総合的に診断できるタイプが多く使われており、実際にチャレンジしやすいのもこのタイプとなっています。

例えば質問項目の中には、「人前で話すことが得意」や、「待ち合わせにはよく遅れる方だ」などといった項目が多く、それらを何段階かの中から直感的に選び、その回答を数値化して診断します。

診断項目は、性格やメンタルヘルス系、環境適応能力、人間関係などがあり、得意不得意や傾向などが診断されます。
診断項目の中には「その時によるなあ」とか、「どちらもあり得る」という項目があったとしても、細かく答えることができませんので、回答がその時の気分に左右されてしまっている可能性があることも予め理解しておきましょう。

 

コミュニケーション能力の診断テストの結果について

コミュニケーション能力の診断テストの結果について

結果は、「●●点~○○点」という数値に加えて該当する結果が表示される場合と、「×××な傾向があるので・・・」などと、結果のみが表示される場合とがあります。

いずれにしても、気持ちが弱っているときに受けることが多いわけですから、ついダメな部分だけをフォーカスしてしまいがちです。ダメな部分を確認することは大切ですが、そこにこだわり過ぎるあまりに改善が実感できず、さらに落ち込むということにもなりかねません。

たまたま診断してみたときの気分がそうだったというだけのことで、良い項目もあるはずですからそちらも同じようにチェックしましょう。

かの、ピーター・ドラッガーも言っています。
『何事かをなしとげるのは、強みによってである』(ダイヤモンド社「明日を支配するもの」より)

 

まとめ

周りが感じている自分の個性は、自分ではなかなか捉えられません。その意味ではコミュニケーション能力の診断テストは、それを確認する手段としてはとても良くできています。

一定のペースで受けてみるのも一つの方法です。たとえ改善が見られなかったとしても、それも個性、自分らしさなのです。

自分にも強さや弱さがあるように、相手にもあります。また強さは弱点にもなり、弱さは長所でもあります。
回答結果に一喜一憂するのではなく、あくまでも自分の傾向をつかむ参考材料として捉えるようにしましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ありがとうは幸せを呼ぶ言葉!宇宙の法則を知って幸福を掴む
  2. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.7~9
  3. 心理学における投影とは~鏡の法則を知って幸せを手に入れる~
  4. アドラー心理学は日常にも使える!子育てで実践できる心理テクニック
  5. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.4~6
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.