モチベーション維持のための傾向と対策3選!

この記事は2分で読めます

モチベーション維持のための傾向と対策3選!

いつでも前向きでコンスタントに仕事ができたら、さぞ毎日が楽しくて、通勤の足取りも軽くなることでしょう。しかし実際には、体調が悪い、気が乗らない、飽きる、疲れるなど、できない理由を次々と挙げてしまいがちです。楽しいことや好きなことならいくらでも続けられますので、仕事でも同じように、モチベーションを維持できるような方法をいろいろ模索することになります。

モチベーションは「保つ」というイメージがあると思いますが、長く維持すればいいのかと言うと、果たしてそれは正しいのでしょうか?これまでのことを振り返ってみてください。むしろ自分自身のパフォーマンスが良かったときは、小さなモチベーションが連続していたという方がしっくりくるのではないでしょうか。必ずしも全員がそうとは限りませんが、一度イメージしてみてください。思い当たるフシがあるかもしれません。

 

モチベーション維持法1:すぐ飽きてしまうとき

モチベーション維持法1:すぐ飽きてしまうとき

モチベーションを維持することはとても難しく、大きなモチベーションには大きなエネルギーが必要になります。たとえば受験勉強などが該当する方も多いでしょう。分厚い参考書だとどうしても勉強が続かず、しまいには参考書を開く気も起きなくなってしまったという方もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで代わりに薄い問題集を何冊も解いた方が勉強が捗るというもの。つまり最初から大きな目標や課題に取り組むのではなく、小さなものに取り組むことで、すぐ達成感を味わうことができ、モチベーションを維持することができます。

 

モチベーション維持法2:まとまった時間が取れない

モチベーション維持法2:まとまった時間が取れない

次に「時間が無い」というパターンです。恐らく誰もが抱える永遠の課題だと思います。

たとえば読書で考えてみましょう。読みたい本はたくさんあっても、なかなか一冊の本でさえも読み終えられないという方も多いでしょう。まとまった時間が取れたときに読もうと思って、そのままになってしまうのがオチです。そこでおすすめの方法は、細切れ時間の活用です。

たとえば通勤の際、朝早めの電車に乗るようにして、車内で読書をしてみましょう。降車後も少し時間に余裕がありますから、朝食がてらコーヒーショップに寄って続きを読むことができます。お昼休みにも15分程度の時間が取れますし、帰宅の車内でまた読書ができるでしょう。そして就寝前にも少し、という具合で、意外と細かく時間は取れるものなのです。

お昼休みに同僚と世間話をするよりも、読書を優先することになりますが、そのことで特に関係が悪くなるということもありません。

 

モチベーション維持法3:To Doメモで細分化

モチベーション維持法3:To Doメモで細分化

自分の分身が欲しいと思うぐらい、どうしても仕事が忙しいという時期は誰にでもあるもの。もちろん、自分自身の仕事の進め方に問題がある場合もありますが、それでも仕事の忙しさには波があるものです。そこでやることを一つずつメモに書いてみてはいかがでしょうか。頭の中でアレコレ考えるからこそ思考の整理ができず、効率はどんどん悪くなる一方。

そこで頭の中に溜め込むのではなく、メモに書いて忘れることがポイントです。最初のうちは、To Do リストがどんどん増えて行くものですが、作業の進め方は却ってクリアになり、時間の目安も立てやすくなります。
また1つ1つの作業のボリュームが小さくなりますから、次々と完了させることができ、仕事も捗ります。もちろん、ミスや漏れも減らせて一石二鳥と言えるでしょう。

 

まとめ

たとえて言うなら、長く維持するモチベーションが1本の線だとしたら、小さいモチベーションは点のつながりです。目標を山の頂上にたとえるとすると、目標が高すぎると、頂上が雲に隠れてしまって見えないという状態。そこで頂上までの道のりを小さく区切ることで、目標を見失うことなく、またモチベーションが下がることなく、一歩ずつ着実に進んで行くことができます。

小さく区切るやり方は人それぞれです。ぜひ自分の経験を振り返ってみて、ご自身に合ったモチベーション維持の方法を、仕事やプライベートに応用してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 今すぐ実践できる簡単節約術
  2. 引き寄せの法則には前兆がある!?お金が舞い込む前兆とは
  3. マーフィーの成功法則とその実験について
  4. マーフィーの成功法則を知ろう!潜在意識で成功を手に入れる法則
  5. アンダーマイニング効果でモチベーションを上げよう!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.