経営コンサルタントに学歴は必要なのか?

この記事は2分で読めます

経営コンサルタントに学歴は必要なのか?

経営コンサルタントは昔からある職業ですが、海外のコンサルタントの企業も日本に入ってきて、最近ではかなり有名な職業の一つとなりました。経営コンサルタントは企業の経営者にアドバイスをする立場のため、経営については専門的な知識を持っていることが必要です。

そこで気になるのが、経営コンサルタントに学歴は必要なのかということです。高学歴でないと経営コンサルタントは務まらないのでしょうか?今回は、経営コンサルタントと学歴の関係についてお話したいと思います。

 

経営コンサルタントは高学歴が多いのか?

経営コンサルタントは高学歴が多いのか?

経営コンサルタントには高学歴が多いのでしょうか?経営について的確なアドバイスができて、顧問先の会社に利益をもたらすことができれば、学歴は必要がないと言えます。しかし、大手のコンサルタント会社の求人を見てみると、MBA(経営学修士)や商学修士を条件にしているところも多いようです。

個人的なお付き合いの中でコンサルティングを任される場合には、学歴は必ずしも必要ないと言えますが、やはり会社から派遣される場合には箔があるというところも含めて、信用のために学歴は必要なケースが多いでしょう。

 

日本でも学歴を手に入れやすくなっている

日本でも学歴を手に入れやすくなっている

最近では日本でも学歴を手に入れやすくなっています。というのも、少し前までは日本ではMBAを取得できる学校が限られていたのですが、現在では経営学部を有する大学の多くがMBAプログラムを展開してきています。慶應大学、早稲田大学、一橋大学、京都大学、神戸大学、中央大学あたりが有名です。また、グロービス経営大学院など、MBAに特化した機関も存在しています。

こういった場所でMBAプログラムを修了することで、学歴を手に入れることができます。最近では所属している企業の幹部候補となるためにもMBAプログラムは活用されています。

 

経営コンサルタントは学歴がすべてではない

経営コンサルタントは学歴がすべてではない

そうは言っても、経営コンサルタントは学歴がすべてではありません。学歴は確かにあった方が良いのですが、それだけで出世が決まるわけではないということです。経営コンサルタントとしての価値は、顧問先の企業に利益をもたらせるかどうかで決まります。従って、学歴がいくら立派でも、価値を生み出せなければコンサルタントとしては一流とは言えません。

また、一般に成果主義の世界ですから、価値を生み出せないコンサルタントの報酬額は低く抑えられてしまいます。つまり、学歴に甘えることなく、価値創造のために日々の努力を欠かさないことが大切と言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、経営コンサルタントと学歴の関係についてお話してきました。学歴はあった方が良いのですが、コンサルタントになってからが本当の勝負です。一方で箔をつけるために学歴を充実させようというのは、信頼を得られるという点で、使い方次第では強い武器になります。

そういった気持ちで学歴については考えていくと良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?
  2. クリティカルシンキングを習得しよう~思考の基本を学ぶ~
  3. ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!
  4. コンビニ経営で成功するために必要な3つの要素とは?
  5. ネットビジネスには何がある?開業したい人なら知っておきたいネットビジネスの種類
  6. イシューツリーって何?仮説証明と思考法について
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.