勉強のための効果的な時間管理術とは?

この記事は2分で読めます

勉強のための効果的な時間管理術

勉強は学生がするもののように思われがちですが、勉強は人生を通して、ずっとついて回るものです。会社に就職しても、仕事をするために必要なことを覚えていくことも勉強ですし、職場や接待で上手く会話を盛り上げるために様々な知識を得ておくことも勉強です。しかし、勉強を続けられるというのは非常に精神力のいることです。

例えば、どうしても欲しい資格のための受験勉強ならば目的も明確ですから、その目標を心の支えにして勉強を続けられます。けれども、勉強したことがすぐに何らかの形にならない状況で勉強をするのはモチベーションの維持も難しいものです。それでは、どうしたら勉強を続けることが出来るのでしょうか。今回は、勉強を続けるための時間管理術についてお話します。

 

1.【時間割を用いた勉強術】学生時代を思い出そう!

時間割を用いた勉強術

学生時代には、1時限目、2時限目と時間ごとに違う科目の授業があり、授業と授業の合間には休憩時間がありましたよね。この形での学習は、社会人になってからの勉強にも効果的です。例えば、仕事で必要な資格取得のための勉強と英語の勉強を同時にするとしましょう。あなただったら、どのように勉強をするでしょうか。

モチベーションを維持しつつ勉強をするならば、資格取得の勉強に1時間集中したら少し休憩を挟み、今度は英語の勉強に1時間集中するという形がおすすめです。時間で区切るため、集中力の向上も期待できますし、時間ごとに違う種類の勉強に切り替えるため、飽きることなく勉強を続けられます。

 

2.【時間の有効活用法】隙間時間を勉強時間にチェンジ!

時間の有効活用法

勉強のためには、まとまった時間が必要だと考えられている方もいらっしゃるでしょう。確かにまとまった時間に勉強をすれば、集中して沢山の問題を解くことが出来るでしょう。しかし、ちょっとした時間でも勉強時間にすることだって出来るのです。

例えば、通勤の電車の中でも参考書を読むことは出来ますし、少し早めに出社して仕事が始まるまでのちょっとした時間に勉強を進めることも出来ます。このように、一日の中には隙間時間がありますから、まとまった時間を取れなくても勉強を続けることが出来るのです。

 

3.【臨機応変な勉強スタイル】“きっちり”はNG!スケジュールや体調に合わせて勉強法を変える

臨機応変な勉強スタイル

勉強を始めると、目標を達成するために自分自身にノルマを決めて勉強をされる方もいらっしゃいます。ノルマは勉強の目安にもなりますが、自分自身へのプレッシャーにもなります。社会人になると、急な仕事が入ってきたり、残業しなければいけなかったりと、なかなか思ったように勉強のノルマをこなせるような時間の確保が難しくなります。

そんな時にノルマがあったらどうでしょうか。頑張り屋の人ほど「今日はノルマを達成できなかった…」と自分を責めてしまうでしょう。このようなことを繰り返していると、勉強に対するモチベーションも低下してしまいますし、プレッシャーによって本来の力を発揮できなくなってしまいます。ですから、スケジュールや体調に合わせて臨機応変に勉強の仕方を変えることが勉強を続けるためには大切と言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。社会人になってからの勉強は、仕事や家事をこなしながらの勉強になりますから、なかなか続けられずに挫折してしまう方も多いでしょう。しかし、時間の使い方や勉強法にちょっとしたコツを取り入れるだけで勉強を続けられるようになるのです。皆さんも今の勉強法を少し見直して、新たな勉強法で勉強に挑んでみませんか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 勉強時間の確保がどうしてもできない場合の対処法
  2. ビジュアルシンキングとロジカルシンキングの違いとは~内容と効果について~
  3. 手帳を使って家計も時間も節約する方法
  4. ミラーリングって何?心理学を使って心の距離を近付ける方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.