会社での円滑な人間関係を築くコツとは

この記事は2分で読めます

会社での円滑な人間関係を築くコツ

人間は何歳になっても、人と関わっていく以上、人間関係で悩むことが多いものです。深く関わらなくてもいい相手との人間関係ならば、「この人とはそんなに会うこともないし、この程度で十分」と割り切って接することも出来ます。しかし、会社での人間関係はどうでしょうか。会社では部署の配属が替わりメンバーが替わることもありますが、仕事をしていく上での仲間ですから、人間関係が面倒だからと言って切り捨てることも出来ません。それでも、無理をして関わっていても自分の心が苦しくなったり、仲間内の空気が悪くなってしまうのも避けたいですよね。

それでは、会社での人間関係を円滑にするためにはどうしたら良いのでしょうか。今回は、会社で使える円滑な人間関係を築くコツをお話します。

 

1.感謝とお詫びの言葉を大切にする

感謝とお詫びの言葉

普段から何気なく使うことの多い感謝の言葉とお詫びの言葉ですが、使うことが多い言葉だからこそ人間関係にも大きく影響します。感謝の言葉とお詫びの言葉が欠けてしまうと、自分が思っていない形で相手に受け取られてしまったり、相手の気分を害する原因になります。逆に、ちょっとしたことでもすぐに「ありがとう」「ごめんなさい」と言えることが出来れば、相手から好感を持たれやすくなります。上下関係や年齢などの理由からなかなか言えなくなってしまうこともあるかもしれませんが、感謝の言葉とお詫びの言葉を大切にすることは円滑な人間関係を築くために大きく役立ちます。

 

2.個人の性格や傾向を分析し、理解して接する

個人の性格や傾向の分析と理解

誰かと接していて、相手の言動や行動に腹が立つことはありませんか?人にはそれぞれの価値観がありますから、相手が必ずしも自分の思い通りの行動をするとは限りません。すぐに相手に腹が立ってしまうのであれば、それは自分の物差しを中心にして物事を見ているからと言えます。

皆、それぞれの価値観を持っています。円滑な人間関係を築くためには、時には本音でぶつかり合うことも必要ですが、無駄な争いは人間関係をぎこちなくしてしまうだけです。ですから、自分の物差しで全てを見るのではなく、相手の性格や傾向をまずは冷静に見て接するようにしましょう。

 

3.相手の話に耳を傾けることに力を入れる

相手の話に耳を傾けること

話をする時に聞き役になりやすい人もいれば、いつも話題の中心にいる人もいますよね。話し上手も聞き上手もいいことですが、円滑な人間関係を築くためには聞き上手としての力を身に付けることが大切です。人は、自分が話をする時の方が気分が良くなりやすいものです。特に女性には、聞くよりも話したがる人が多いでしょう。

ただ、相手が話したいと思っている時にいつまでも自分だけが話の主導権を握っていたら、相手に不満が溜まってしまいます。しかし、上手に相手に話を振ったり、相手が話している時に相槌を打ちつつ相手が話しやすい受け答えをしていたらどうでしょうか。相手からは、話しやすい人だと思われるため好感度も上がりやすくなります。このように、円滑な人間関係を築くためには聞き役としての力を身に付けることが大切と言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。会社での人間関係は、簡単に切れるものではありません。しかし簡単には切れないものだからと言って、我慢をしてばかりいるのも問題です。

円滑な人間関係を築くためには、相手を思い遣る気持ちを持つことが大切です。そして相手を思い遣っていると自然に相手にも伝わりますので、少しずつではあっても関係が改善される可能性が高まります。皆さんも会社での人間関係に悩むことがあれば、一度自分が周囲にどう接しているのかを見直してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 意思決定する時に注意したいこと
  2. ラベリング理論とは~特質を知って対人関係に活かす~
  3. 個性心理学ってどんなもの?リズムを知れば幸せに毎日を過ごせる!
  4. 人事考課にはハロー効果が影響している!?評価を左右するハロー効果とは
  5. 行動心理学を使ってしぐさから好意を察知!恋愛にも使える心理テクニック
  6. NLP資格を取得するということ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.