今すぐ実践できる簡単節約術3選 小さな積み重ねが大きな幸せに!

この記事は2分で読めます

今すぐ実践できる簡単節約術

「毎月の支出を抑えられたらいいのに……」と思ったことはありませんか?毎月、手元に入ってくるお金はほぼ決まった額ですから、旅行や欲しいものを買うための貯金や将来に向けた貯蓄をする余裕を作るためには、節約をして支出を減らすことが必須です。しかし節約と聞くと、欲しいものも買えず、精神的に我慢ばかりの日々になってしまいそうなイメージもあるでしょう。確かにそうした節約の仕方もありますが、我慢ばかりの生活は長続きしません。

そこでおすすめしたいのが、日常の中でちょっとしたことに気を付ける節約術です。これは簡単なものですし、我慢をすることも少ないので続けやすい節約と言えます。今回は、日々の中で簡単にできる節約術についてお話します。

 

1. 金券ショップとポイントカードを駆使しよう

金券ショップとポイントカードを駆使しよう

金券ショップとポイントカードは節約生活の大きな味方です。まずポイントカードですが、普段の生活でよく利用するスーパーやドラッグストアのポイントカードは作っておきましょう。お店によって異なりますが、貯まったポイントは商品券やその店舗での割引に使用できますから、普段から利用することが多いお店ならばこまめにポイントカードを提示することで案外すぐにポイントが貯まっていきます。

次に金券ショップです。金券ショップでは、切符やチケットだけでなく、図書カード、商品券、優待券なども販売されています。また、切手やはがきなども販売されています。こうしたものを金券ショップで購入してから日常の買い物の支払いで使うようにすることで、少額ずつではありますが節約することが出来ます。

 

2. 外食から自炊にチェンジ!

外食から自炊にチェンジ!

一人暮らしをしていると一人分の食事を作るのが面倒に思えたり、仕事から帰ってきた疲れた体で食事を作ることが億劫に感じることもあるでしょう。しかし外食はお金がかかります。ファミリーレストランやチェーン店の安いお店に行っていても、実は自炊をした方が安上がりになるのです。そして、自炊には栄養バランスやカロリーに偏りが生まれずに食事をとることが出来るという、健康面でも嬉しい効果があります。また、昼食も前の日の夕食で残ったおかずを詰めたり、特売の時に買っておいた冷凍食品を活用しながらお弁当を作るようにすれば、昼食代でも節約をすることが出来ます。

 

3. 冷凍庫や保存食を駆使しよう

冷凍庫や保存食を駆使しよう

自炊は節約に役立つと知っていても毎食何品もおかずを作るのは面倒ですよね。そこでオススメしたいのが、冷凍庫と保存食の活用です。おかずを作る時に一人分作るのも二人分作るのも時間やガス代などを考えると大差はありません。ですから、おかずを作る時には多めに作って、その時に食べない分は小分けをして冷凍庫で保存しましょう。そうすれば、別の日にそのおかずを解凍すれば一品分の作る手間が省けます。

また保存食もおすすめです。例えば、ザワークラウトやピクルスなど酢を使ったものは安全に保存することが出来ます。こうした保存食も作り置きしておけば、時間の節約にもなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。節約生活は精神的に苦しいイメージがあるかもしれませんが、日々の過ごし方を少し変えるだけで節約をすることだって出来るのです。日用品や食料品を購入する時にポイントカードを出すようにしたり、よく利用するお店の商品券を金券ショップで購入して使うようにすれば生活費の節約に繋がります。

また、自炊は節約に大きく役立ちます。細々と作るのが面倒でも、まとめて作ったものを小分けして冷凍したり、数日間保存ができる常備菜を作ればお金だけでなく時間の節約にもなります。皆さんも今日から小さな節約を実践してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. モチベーションの意味を理解していますか?モチベーションの意味と類義語について
  2. 目的と目標と手段の違いは?3つの言葉、それぞれが指す意味とは
  3. 願い事や願望を現実化させるための方法3選
  4. モチベーションアップ法
  5. マーフィーの成功法則とその実験について
  6. 目標を達成しよう!英語学習を続ける3つのコツ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.