職場の人間関係によるストレスの解消法

この記事は3分で読めます

職場の人間関係によるストレスの解消法

学生時代の仲間とは、ただ一つの例外である「恋」を除けば、それほど大きな争いにはならないものです。一緒に遊んだり旅行に行ったり、サークル活動したり部活動をしたり。ケンカをすることはあっても、それほど深刻なことにはならずに、笑って過ごせることが多いものでしょう。また、どうしても気の合わない人とは付き合わなければ良いわけで、学生時代にはそれがある程度できます。なぜなら経済的な利害関係がない(薄い)からです。

 

1.利害関係がストレスのもと

利害関係がストレスのもと

ところが社会に出ると、それまでにはなかった利害関係の嵐が押し寄せてきます。付き合う相手も選ばせてはくれません。テキトーに済ませることはできない、生きる糧を得るための戦いです。

誰かが理不尽を押しつけるのは、それが相手にとってなんらかの利益があるからです。マニュアル通りでは処理できない問題もたくさん出てきます。相手の言う建前を迂闊に信じると、裏切られたと感じることもあるでしょう。

社会人になったと同時に、いきなりやってくるそれらのストレスは、恐らくは人生最初で最大のものです。しかしそれは乗り越えなければならない壁。同時にほとんどの人が乗り越えてきた壁でもあります。ストレスをなくすことはできませんが、なるべく減らして、そしてそれらが溜まる前に解消する、そんな方法をご紹介します。

 

2.ストレスを減らすために

職場でのストレス解消法

・目の前の仕事を片付ける

いくつもの仕事が同時にやってきたとき、どうしても気が散ってしまいがちです。そういうときこそ、今目の前にある仕事に集中しましょう。その間は他の仕事のことはすっぱり忘れても構いません。一度にいろいろなことを処理するということは、普通の人にはできないと思っても良いぐらいです。仕事を引き受けるときには、今の仕事が片付いたらやる、と最初に言っておけば余計なトラブルを防ぐことができます。

・良い人にならない

人は褒められるよりも、感謝されることをより好む生き物です。ですからつい感謝されたくて、やらなくても良いことをやってしまいがち。そのときは感謝もされて気分は良くなりますが、そこにつけ込んで仕事を押しつけようとする人が現れます。「あいつの頼みは聞いたのに、俺の頼みは断るのか」と言われると言葉に窮すことになります。その場合は断っても引き受けても、どちらにせよストレスのもとです。

・職場の人とは、必要以上に仲良くしない

職場の仲間は大切です。時と場合によりますが、親しくなり過ぎるとそれが足かせになり、仲良くしていない人との軋轢を生むことにもなります。職場での付き合いは、広く浅くを心がけましょう。

 

3.ストレスを解消してくれるのも人間関係

ストレスを解消してくれるのも人間関係

ストレスは減らすことはできてもなくすことはできません。そのため、ストレスが溜まらないうちに解消しておくことが必要になります。上述の通り、利害関係のある人間関係がストレスのもとと書きました。それなら、利害関係を持たない人たちとの交流を増やせば良い、ということになりますね。何でも良いので趣味を持つことが手っ取り早い解決策となります。

ただし、それほど大げさなものでなくても良く、一定時間、一緒にいられる人たちがいる、ということが大切です。すると自然に話をするようになり、そこから新たな人間関係が生まれることでしょう。人付き合いの苦手な人でも、こちらから話しかけることができない人でも、そういう場所なら自然に仲間になることができます。

例えば、テニススクール、スポーツクラブ、英会話教室、同人誌の会など、地域の自治体が運営しているところなら、会費なども安く済みます。ただし、散歩や山登りなど、一人で活動するようなものはあまりお勧めしません。友達を作ることが目的であることを考えると、自然に人が集まるようなものが良いでしょう。その中にいるだけで、楽しい時間が過ごせることが実感できると思います。

最初は少し勇気が必要ですが、案ずるより産むが易し。ある場所でうまくいかなければ、すぐ止めて別の場所に移っても良いのです。楽しい居場所が見つかるまで繰り返しても誰も非難はしません。人間関係のストレスを解消する一番の良薬は、やはり人間関係なのです。

 

ちなみにストレス解消に良いと言われることがあるタバコですが、タバコを吸うとニコチンはすぐ吸収されて血液に入ります。そしてドーパミン(快感物質)やセロトニン(幸せホルモン)などの分泌を促します。アルコールにも似たような作用があります。そのためストレスが解消されたような気分にはなるのですが、実際には誤魔化しているだけで、ストレス自体が減るわけではありません。効果が切れると元に戻ります。楽しみでそれらを摂ることは個人の自由ですが、ほどほどにしておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

ストレスの主な原因は利害関係と言っても良いぐらいです。特に社会人になると、学生のときと比べると内容が変わってきます。ストレスを減らすためには目の前の仕事を優先し、良い人になり過ぎないように注意してください。環境によっては職場関係の人々と仲良くし過ぎないのも一つの手でしょう。ただし、ストレスを解消してくれるのも、やはり人間関係です。趣味を通じた友達作りができると良いですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 頭のいい人の特徴をつかんで自分のものにするために
  2. 手帳を使って家計も時間も節約する方法
  3. クリティカルシンキングを習得しよう~思考の基本を学ぶ~
  4. 深層心理はしぐさに現れる!よく見るしぐさの奥にある心理を解説!
  5. ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.