孤独感に襲われた時の対処法…ふいに一人が寂しくなった時に

この記事は2分で読めます

孤独感に襲われた時の対処法

ふとした瞬間に寂しさを感じることはありませんか?休日に一人で家にいる時、一人暮らしで風邪を引いてしまった時、職場の中でミスをしてしまった時など、孤独は日常のあちらこちらに転がっています。世の中には一人でいることを楽しみ、一人で過ごすことにメリットを感じている人もいらっしゃいますが、ふいに訪れる孤独感は心に冷たい風を吹き込ませ、だんだんと暗い気分にさせることもあります。

そんな孤独感が訪れた時には、どのように対処をしたら良いのでしょうか。そこで、今回は孤独感に襲われた時の対処法をいくつかご紹介します。

 

1.一人の時だからこそ出来ることに挑戦してみる

出来ることへの挑戦

一人でいることを惨めだと思っていませんか?休日に何の予定もなく一人で家にいると、ふいに寂しくなることがありますよね。そんな時には、世間の自分以外の人々がみんな楽しそうに過ごしているように思えてしまい、余計に孤独感が強まってしまうこともあるでしょう。

しかし、一人で過ごすことは惨めなことではありません。一人で過ごすということは、自分のために時間を使えるということなのです。一人の時に孤独を感じたら、これまで挑戦したいと思っていたことに挑戦してみましょう。手間や時間がかかる料理を作ることに挑戦してもいいですし、気になっていた長編小説を読破しようと読み始めるのもいいでしょう。孤独な時間を自分のための時間に変えると、それだけでも心の寂しさが薄れていきます。

 

2.一人で抱え込まず、誰かと会話をしてみる

誰かとの会話

孤独感が強まっている時に効果的な方法としては、誰かと話すことが挙げられます。辛い気持ちや悲しい気持ちを自分の心の中で抱えていると心が重くなりすぎてしまうのと同じで、孤独も抱え続けていれば心が苦しくなってしまいます。

そんな時には誰かと話してみましょう。電話でもいいですし、直接会って話しても良いと思います。LINEやメールでのやり取りも効果がないとは言えませんが、やはり声に出すことが一番効果が大きいので、出来るだけ声を出す方法で誰かと話をしましょう。話す内容は、孤独感や寂しさを聞いてもらう形でも構いませんし、ただ他愛もない会話をするだけでも構いません。誰かと話をしていると、一人ではなく誰かと繋がっているということを実感できるので、孤独感も和らいでいくのです。

 

3.家の中で過ごさず、外に出て街を歩いてみる

外へ一歩足を踏み出すこと

孤独感が強まってくると、外に出たくない気分になることも多いでしょう。ですが、一人で家の中にいても何も変わりません。そこでおすすめしたいのが、外に出てみることです。誰かと会う約束や何かしらの目的がなくても、外に出て街を歩いてみましょう。

外に出ると、外には沢山の人々が歩いており、街には人の気配も活気もあります。そうした環境の中を歩いていると、目に入る光景や耳に届いてくる音など刺激も多く、孤独感にばかり気持ちが向きにくくなります。ですから、孤独感を和らげるためにも、思い切って外へ一歩足を踏み出してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。誰にでも、孤独を感じる瞬間は訪れます。問題は、孤独感をどうやって和らげていくかということです。孤独との付き合い方が上手になれば、人生の中で孤独によって辛い気分になることも少なくなります。

一人であるという状況を活かし、これまで挑戦してみたかったことに挑戦するなど、孤独になった時間を自分のために使ったり、目的や約束がなくても街を歩いて外の活気を感じることで孤独を和らげることも出来ます。また、孤独や辛い気持ちを話すことが出来なかったとしても、誰かと言葉を交わすということは「一人ではない」と強く感じられるので、孤独で辛くなった時には特におすすめの方法です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 睡眠不足が心身に及ぼす影響とは…原因と対策について
  2. 良質な睡眠をとるためのコツ
  3. 対人関係のストレスへの対処法
  4. ストレスの原因となるSNS疲れと対処法
  5. 職場の人間関係によるストレスの解消法
  6. 思考整理術
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.