パレートの法則を知れば効率化が図れる!パレートの法則を用いた具体例3選

この記事は2分で読めます

パレートの法則を知れば効率化が図れる!パレートの法則を用いた具体例3選

パレートの法則をご存知でしょうか。パレートの法則はイタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートが提唱したもので、「物事を構成する要素が全体に占める割合は偏りがあり、複数要素のうち一部で全量の大部分の割合が占められている」という考え方です。また、パレートの法則は8:2の法則とも呼ばれています。

パレートの法則を簡単に説明すると、「8割の売り上げは、2割の顧客によるもの」、「ホームページの8割のアクセス数は、2割のページに集中している」、「仕事の成果の8割は、費やした2割の時間によって生み出されている」などの現象と重なります。それでは、パレートの法則を知って仕事の効率化を図るにはどうしたら良いのでしょうか。今回は、パレートの法則を用いた仕事の効率化を図る方法をご紹介します。

 

マーケティングにかける時間を短縮する方法

マーケティングにかける時間を短縮する方法

大勢の顧客の全てを対象にしてマーケティングを行うには、多くの人材と時間がかかります。しかし、パレートの法則を思い出してください。パレートの法則である8:2を当てはめると、「8割の売り上げは、2割の顧客によるもの」となります。つまり、売り上げのほとんどは2割の顧客によって生み出されているものと考えられます。

マーケティングを行う場合に、全ての顧客を対象とするのではなく2割の顧客を対象とすれば、マーケティングに必要な人材も時間も少なくすることが出来ます。また、実際に売り上げの殆どはマーケティング対象とした2割の顧客によるものですから、正確性もあります。

 

売り上げや認知度の拡大を目指す場合に使える方法

売り上げや認知度の拡大を目指す場合に使える方法

先述した時間を短縮する方法では、8:2の2割の方に重きを置きました。しかし、いつでも2割の方だけを重視していてはいけません。「8割の売り上げは、2割の顧客によるもの」だからと2割の顧客を大切にすることも大切ですが、そこに全ての労力を集中させていては売り上げや認知度の拡大など新規開拓をすることが出来ないのです。

そこで、新規開拓を行う場合には、2割はそのまま大切にしますが、残りの8割に着目するようにしましょう。例えば、「8割の売り上げは、2割の製品によるもの」なら2割の製品はそのまま扱いつつ、残りの8割に変更や工夫を取り入れるようにします。

 

個人の得意分野を作るための方法

個人の得意分野を作るための方法

パレートの法則は会社全体だけではなく、個人にも当てはまります。例えば、冒頭で例に挙げた「仕事の成果の8割は、費やした2割の時間によって生み出されている」は個人でも当てはまる事象です。自分の能力値を高めたいと思う人には、多くの分野の能力を同時に高めようとする傾向があります。これは悪いことではありませんが、効率はあまり良いとは言えません。8:2の割合で考えるならば、自分の得意とする2割の分野に重きを置いて努力をすると、自分の得意分野を確立できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。パレートの法則は、最初は難しいように感じるかもしれませんが、様々な場面で当てはめることが出来ますので、会社そのものの効率化を図る場合でも個人の効率を上げるためにも役立ちます。ですから、何かに挑戦しようとした時には闇雲に手を付けるのではなく、パレートの法則を思い出して参考にしてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 仕事を辞めるか?転職をするか?女性の場合と男性の場合
  2. マニャーナの法則で仕事の効率化を図ろう!マニャーナの法則とはどのようなものか
  3. クリティカルシンキングを習得しよう~思考の基本を学ぶ~
  4. 社会人向けのビジネススクールの種類とメリット
  5. 経営心理学に学ぶ交渉に役立つ6つのテクニック!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.