ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!

この記事は2分で読めます

ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!

人生は、いつ・どこで・何が起こるかわかりません。幸せなことが突然訪れることもあれば、危険にさらされることだってあります。出来ることなら、危険な目に遭うことなく過ごしたいものですよね。しかし、危険もいつ起こるものなのかわかりません。いつ起きるのかわからないものから身を守るなんて無理なように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、普段からの意識によって危険を回避することだってできるのです。そこで、今回はハインリッヒの法則についてお話します。

 

ハインリッヒの法則とは

ハインリッヒの法則とは

ハインリッヒの法則は、アメリカの損害保険会社にて技術・調査部の副部長を務めていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが発表した内容であり、労働災害の経験則の一つです。ハインリッヒの法則とは、不注意によって起こるヒヤリとしたミスの積み重ねが軽微な事故や災害の原因となっており、軽微な事故や災害の積み重ねが重大事故の原因となっているという法則です。その割合としては、重大事故1に対し、29の軽微な事故や災害、300のヒヤリとしたミスとなっています。

 

ハインリッヒの法則を更に深く読み解く

ハインリッヒの法則を更に深く読み解く

重大事故1:軽微な事故や災害29:ヒヤリとしたミス300という割合がハインリッヒの法則ですが、この法則が一番わかりやすいのは医療現場、建設現場、運転をする現場です。

例えば、大勢の人が巻き込まれる電車の脱線事故が起こったとしましょう。これは重大事故です。事故の起こった背景を見ていくと、オーバーランやスピード超過などのミスが事故以前にたくさん起こっています。もしも、運転手だけが気付くような不注意によるヒヤリとするミスを減らしていたら、それより大きなミスは起こりにくくなっていたでしょう。そして引いては、重大事故も起こりにくくなっていたはずです。

 

デスクワークの職場でもハインリッヒの法則は当てはまる

デスクワークの職場でもハインリッヒの法則は当てはまる

危険と聞くと命の危険を想像しがちですが、会社の存続も危険の一つです。会社が倒産してしまったら、社員は皆、職を失うことになるのです。ハインリッヒの法則に当てはめると、会社の存続にかかわる問題1:顧客・株主・取引先からのクレーム29:社員によるミス300といった形になるでしょう。

例えばメールの送信先のアドレスを間違え、別の人に送信してしまったとします。このメールの内容が些細な内容だと、ヒヤリとはしますが会社に大きな影響は出ません。しかし、同じようにメールの誤送信をしている中で重要機密などを流してしまったらどうでしょうか。それは、自分だけでなく会社にも大きな影響を及ぼすミスとなります。このように、デスクワークでもハインリッヒの法則は適用されます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ハインリッヒの法則は、労働災害における法則なので医療現場や建設現場、電車や車などの運転をする現場に当てはめて考えやすいものです。しかし、重大事故1:軽微な事故や災害29:ヒヤリとしたミス300という割合は、デスクワークを中心とした職場でも当てはまります。重大な事故やミスを起こさないようにするためには、普段から小さなミスにも注意をすることが大切であると言えそうです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. モチベーション理論とイメージトレーニング
  2. ミラーリングって何?心理学を使って心の距離を近付ける方法
  3. シャルパンティエ効果って何?心理学をビジネスに活かす方法
  4. 経営コンサルタントに学歴は必要なのか?
  5. 経営で重要な財務分析のツールを3つご紹介!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.