マーケティングの3C分析を使って自社の強みを見つけ出そう!

この記事は2分で読めます

マーケティングの3C分析を使って自社の強みを見つけ出そう!

マーケティングの分析手法の一つである3C分析とは、自社を取り巻く経営環境における課題の発見や強みを発見するための分析手法です。ここでは、マーケティングの3C分析とは具体的にどのようなものなのか、それによってどのように経営に活かすことができるのかをご紹介します。

 

3Cと分析の目的

3Cと分析の目的

3Cとは、Customer(顧客)、Company(自社)、Competitor(競合他社)を指します。つまり市場のプレーヤーを3つに分けて分析するということです。

3C分析をする目的は、顧客、自社、競合他社のそれぞれのレベルで経営環境を分析をすることにより、新しい戦略を策定したり、選択と集中による既存事業からの撤退を図ったりすることです。その中でも最も大きな目的は、自社の重要成功要因(KSF:Key Success Factor)は何なのかを理解することです。

現代は不確実性と多様性の時代と言われるほど、顧客の嗜好も企業の戦略も多様化していますし、新たなテクノロジーの出現により社会の変化が激しい時代ですから、3Cで経営環境の分析をすることは非常に意義があります。

 

3Cで何を明らかにするのか

3Cで何を明らかにするのか

一口に「経営環境の変化を探る」といっても、具体的にどう分析すれば良いのかわかりません。3C分析によって具体的に何を明らかにするのかについてですが、3C分析では顧客、自社、競合他社の3つのレベルで以下のことを明らかにします。

まず顧客のレベルでは、顧客の嗜好やニーズがどのように変わっているかを分析します。

次に競合他社のレベルでは、競合他社が顧客の嗜好やニーズの変化にどのように対応しているのかを分析します。

最後に自社のレベルでは、ここまで分析した顧客の嗜好・ニーズの変化やそれへの競合他社の対応を勘案して、自社は市場でどういったポジションを取っていくのか、戦略をどのように策定するのか、つまり成功する要因は何かを分析します。

 

3C分析を使ってみる

3C分析を使ってみる

以上を踏まえて実際に3C分析を使ってみましょう。例えば、学習塾で考えた場合、

Customer:「地方在住のため、で大手の塾に通いたくても通えない学生が増えている」
Competitor:「映像授業を充実させて、遠隔地で授業が受けられるようにする」
Company:「自社も映像コンテンツを充実させる」

というのが3C分析の一例です。

しかしこれでは競合他社との差別化にはなっていませんよね。ですから、他社にはない映像コンテンツを作成したり、地方を出張でまわる講師を置いたりするといった新しい戦略を構築していくわけです。3C分析のみで完全にうまくいくことはあまりありませんが、自社の強みを導き出すきっかけとして非常に重要な分析手法です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。マーケティングの分析手法の一つである3C分析を使えば、自社の戦略を時代の変化に合わせて変えることが可能となります。現代は経営環境が目まぐるしく変わる時代、3C分析を使って競争優位を手に入れましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人的資源管理とは何か?人材をうまくマネジメントするために知っておきたい手法
  2. ビジネス英会話を身に付けるおすすめの方法
  3. アイドマの法則を知れば消費者の心が見える
  4. マーケティングは資格が必要?仕事におけるマーケティング資格の必要性と種類について
  5. フェルミ推定とは?求められる論理的思考能力
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.