目標設定シートは自分を変えてくれる!目標設定シートの書き方と効果

この記事は2分で読めます

目標設定シートは自分を変えてくれる!目標設定シートの書き方と効果

人生を生きていく中で目標を持つことは、向上心を刺激し自分を更なる高みへと導いてくれるため、とても大切なことです。日常生活の中でも仕事においても目標を設定することは大切なこと。しかし、目標を持っているだけでは実現できない場合もあります。それでは、どうしたら目標を達成できるようになれるのでしょうか。そこで今回は、目標を達成するために効果的と言われている目標設定シートの書き方と得られる効果についてお話します。

 

目標設定シートを書くことで努力の方向がわかる

目標設定シートを書くことで努力の方向がわかる

目標を達成するためには努力の積み重ねが大切です。ただし、闇雲に努力しても目標を達成するのは難しいですし、努力をしても前進できたかどうかわからないとモチベーションの低下が起こり、努力を続けられなくなってしまうことだってあります。しかし目標達成シートを書くと、どのような努力が必要なのかが明確になりますので、モチベーションを低下させることなく努力を続けられます。

例えば、目標達成シートに「受注件数◯件を目指す」という目標を書き入れたとしましょう。この目標を達成するためには、アポ取りやリピーター確保のための過去の顧客のアフターフォローなどの努力が必要となります。このように目標を設定し、目標設定のために必要な要素を書き出すことによって努力の方向が分かり、努力を継続しやすくなるのです。

 

目標設定シートを記入する時には現実的な目標を設定する

目標設定シートを記入する時には現実的な目標を設定する

夢や目標は大きいほど良いもののように扱う風潮もありますが、大きすぎる目標は実現までの道程も長く、目標を達成できないことだってあります。ですから、確実に前進をしていくためには、現実的な目標を設定することがポイントです。

例えば、新入社員が将来的に会社から独立して、自分で会社を立ち上げて成功したいと思っているとします。努力をすれば起業もできるでしょう。しかし新入社員である現在、会社を経営するために必要な資金、知識、資格、人脈を持っていなければ、起業しても成功は出来ませんよね。もしも独立して成功することを夢見ているならば、目標設定シートに書き入れる目標は、最終的な目標を達成するために必要な要素を選びましょう。例えば、資格の取得など現実的な目標を設定すると良いでしょう。

 

目標設定シートには数字を用いて具体性を取り入れる

目標設定シートには数字を用いて具体性を取り入れる

目標設定シートの書き方のコツとしては、具体性を取り入れることが挙げられます。目標が具体的ならば、目標を達成するために必要な努力や要素も見付けやすいからです。また、反省や今後の課題を探す際にも役立ちます。具体性を持たせる時には数字を用いることをおすすめします。

例えば、「仕事中のミスを減らす」という目標だと、どれだけミスを減らしたら目標達成と言えるのかわかりませんから、反省する時にも困ってしまいます。しかし、「今月の仕事中のミスを◯件以下にする」と具体的な数字を用いれば、反省する時にも達成率がわかりやすくなります。目標は達成するための努力も必要ですが、反省をして課題点を探すことも大切ですから、数字を用いた具体的な目標を書き入れるようにすると効果的と言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。目標を達成するためには、ただ目標を持って過ごすだけでなく、目標達成シートを作成して努力をすることが効果的です。目標達成シートを実践すれば、目標を達成するためにどんな努力が必要なのかわかるので努力を続けやすく、反省をして今後の課題を考える時にも役立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 目標を達成するためのコツ
  2. 会社の起業資金の集め方!4つの方法
  3. ダイエットの成功率をアップさせるために知っておきたいコツ3つ
  4. 願い事や願望を現実化させるための方法3選
  5. マーフィーの成功法則を知ろう!潜在意識で成功を手に入れる法則
  6. マズローの欲求5段階説を転職に活用してみると
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.