リーンスタートアップって何?事業立ち上げのために知っておきたい手法について

この記事は2分で読めます

リーンスタートアップって何?事業立ち上げのために知っておきたい手法について

今は会社に勤めていても、いつかは自分で事業を立ち上げたいと思っていらっしゃる方の中には、事業の立ち上げのために資格を取得したり、勉強をされている方もいらっしゃるでしょう。何も知識や強みがないまま事業を立ち上げるのは危険が多いので、立ち上げる前に十分に準備をすることは事業を成功させるためにも大切なことです。

しかし、今の知識だけで十分と言えるでしょうか。扱う予定の製品についての知識を深めることも大切ですが、経営のための知識も身に付ける必要があります。そこで、今回はリーンスタートアップについてお話します。

 

リーンスタートアップって何?事業を立ち上げる前に知っておきたい手法

リーンスタートアップって何?事業を立ち上げる前に知っておきたい手法

まず、リーンスタートアップという言葉についてご説明します。リーンスタートアップの「lean」は「無駄な脂肪がない」という意味、「start-up」は「起業」という意味ですので、「無駄のない起業」という意味になります。リーン生産方式という考え方は、1980年代にアメリカのマサチューセッツ工科大学で行われた研究を元にした考え方です。

この研究では日本の自動車産業における生産方式を研究対象とし、研究成果を最体系化・一般化したものがリーン生産方式です。研究の中で、日本の自動車産業ではいくつもの無駄を減らしたり無くしたりすることに力を入れていることがわかり、リーン生産方式は日本の自動車産業のように会社から無駄を省いて生産活動を行うものとされました。この考え方は無駄を省くことに力を入れているため、「lean」という単語が使われたのです。

 

リーンスタートアップを目指すための具体的な例

リーンスタートアップを目指すための具体的な例

リーンスタートアップでは、無駄を省くことが重要です。無駄には様々な種類があります。時間の無駄、コストの無駄、労力の無駄など、これらの無駄を減らしたり無くしたりすれば失敗も少なくなるのです。

それでは、リーンスタートアップをするならば具体的にはどうしたらいいのでしょうか。例えば、新製品を開発しようとしているとします。新製品の試作を何度も繰り返し、最終的な製品を生み出してからユーザーの元へ届けると、それからしかユーザーの反応を見ることができません。従って、もしもユーザーの声から改善点を見付けたとしても、直すのに時間がかかってしまいます。

逆に、試作品を作った段階でユーザーにテストしてもらっているとどうなるでしょうか。試作品の段階から改善点が見つけられますので、早くベストな状態に仕上げることができます。このように無駄を省くことがリーンスタートアップとなるのです。

 

リーンスタートアップを心掛けていても失敗することだってある

リーンスタートアップを心掛けていても失敗することだってある

リーンスタートアップを取り入れていても、必ず成功するわけではありません。ユーザーの意見を試作品の段階からヒアリングするとしても、最終的なターゲット層ではないユーザーの意見を聞いていても役に立ちません。また、試作品に対する意見を求め、その意見を元に改善して新たな試作品を作って完成を目指すとしても、本当に市場に出すタイミングを計れず、いつまでも試作を繰り返していたって無駄になってしまいます。このように、リーンスタートアップを取り入れたとしても、考え方や判断の遅れによって無駄が生まれてしまうこともあるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。事業を立ち上げる場合、どのような経営手法を取り入れるのかによって事業の成功も左右されます。リーンスタートアップは無駄を省くことで生産性を高める経営手法の一つです。もしも事業の立ち上げを考えているならば、リーンスタートアップという手法を覚えておくと良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. シャルパンティエ効果って何?心理学をビジネスに活かす方法
  2. マーケティングの3C分析を使って自社の強みを見つけ出そう!
  3. コホート分析とは何か?マーケティングにどう利用する?
  4. 1.01の法則ってどんなもの?賛否両論の努力論とは
  5. 経営企画部門に求められるスキルとはどのようなものか!?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.