マーケティングの4Pって?物を売るために知っておきたい4Pの仕組み

この記事は2分で読めます

マーケティングの4Pって?物を売るために知っておきたい4Pの仕組み

物を売る時には、闇雲に売るようなやり方をしていてはいけません。購入者は商品やサービスに対し「欲しい」と感じ、なおかつ「その額を支払う価値がある」と思わなければ商品やサービスを購入しません。ですから、商品を販売するためには、購入者に購入を決断してもらうためにはどうするべきなのかを考える必要があります。

また、購入者への働きかけと同時に流通などにかかるコストも考えなければ、利益が出ても経費より額が小さければ赤字になってしまいます。このように、販売をするためには考えなければいけない点がいくつもあるのです。販売をするためにはマーケティングにおける4Pを知っておく必要があります。そこで今回は、マーケティングにおける4Pについてお話します。

 

マーケティングにおける4Pってどんなもの?

マーケティングにおける4Pってどんなもの?

まず、4Pという言葉が何を指しているのかをお話します。4Pは、Product(製品・商品)、Price(価格)、Promotion(プロモーション)、Place(流通)の頭文字である4つのPを指しています。4Pというのはマーケティングの基本であり、物を売ることや黒字を出すための戦略を考えていく上で外せないものです。戦略を考える時には、4つのPの組み合わせを考えながら最適な方法を考えるのです。

 

マーケティングにおける4Pを使用する具体例

マーケティングにおける4Pを使用する具体例

それでは、4Pを用いながら戦略を考えるとは、どのようなことなのでしょうか。例えば、健康を気にする人が多い中高年をターゲットにしたお茶を販売しようとしているとしましょう。戦略はターゲットに合わせた4Pを踏まえ、製品、価格、プロモーション、流通のそれぞれで作戦を考えます。

ターゲットである中高年は仕事で忙しくしていることも多いので、様々な店舗の中でもコンビニエンスストアへの陳列に力を入れれば手に取ってもらいやすくなります。これは、流通における作戦です。そして、健康を気にする人向けのお茶ならば、お茶の成分にこだわり、パッケージにも健康に効果的であることを全面的に打ち出します。これは、製品における作戦です。このように、4Pそれぞれの分野で作戦を立てることが大切なのです。

 

4Pと4Cってどう違うの?

4Pと4Cってどう違うの?

マーケティングの世界には、4Pと4Cというものがあります。4Cは4Pよりも後に登場した言葉で、4Pを再定義したものです。4Cは、Customer Value(顧客にとっての価値)、Cost to the Customer(顧客の負担)、Convenience(入手の容易性)、Communication(コミュニケーション)の頭文字をとっています。4Cは4Pよりも顧客視点を重視しており、簡単に説明をすると4Pは企業側の視点、4Cは顧客側の視点となります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。商品やサービスを販売する時には、どのように販売するか戦略を立てることが重要です。戦略を立てる際には、Product(製品・商品)、Price(価格)、Promotion(プロモーション)、Place(流通)の頭文字である4つのPである4Pを踏まえて戦略を立てることが大切です。また、顧客視点の4Cという言葉もあります。販売戦略を考える際には、4Pや4Cを思い出して戦略を考えるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Coach(コーチ)の意味から分かるコーチングとティーチングの違いとは?
  2. クロスSWOT分析とは何か?経営を成功させる4つの分析!
  3. 経営企画部門に求められるスキルとはどのようなものか!?
  4. 弱者が市場で勝つ戦略とは!?
  5. 戦略立案のフレームワークを使って経営品質を向上させよう!
  6. 英語をビジネスに取り入れた場合のライティングの可能性について
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.