スペシャリストってどんな意味?ゼネラリスト・プロフェッショナルとの違いとは?

この記事は2分で読めます

スペシャリストってどんな意味?ゼネラリスト・プロフェッショナルとの違いとは?

テレビや雑誌などで『スペシャリスト』という言葉に触れる機会も多いですが、皆さんは『スペシャリスト』という言葉がどのような人を指す言葉なのかご存知でしょうか。『スペシャリスト』という言葉には『スペシャル』という単語が含まれていますから、漠然とすごい人を指す言葉だとして解釈してしまうこともあるでしょう。

しかし、世の中には『スペシャリスト』と似た言葉もいくつか存在します。それらは全て、それぞれに異なる意味を持っています。それでは、『スペシャリスト』とはどのような人を指す言葉なのでしょうか。今回は、スペシャリストの意味についてお話します。

 

スペシャリストとは、どのような人を指すのか

スペシャリストとは、どのような人を指すのか

まず、スペシャリストという言葉がどのような人を指す言葉なのかお話します。スペシャリストとは、ある特定の分野において高い専門性を持っている人を指します。その分野において高い知識、技術、技能がスペシャリストということになります。

具体的な職種だと、専門家、営業、経理、法務、研究員、ディレクター、デザイナー、エンジニアなどがスペシャリストとして挙げられます。また、企業や資格においては職種・階級や資格名にスペシャリストという言葉を用いる場合もあります。

 

スペシャリストとゼネラリストは何が違うの?

スペシャリストとゼネラリストは何が違うの?

スペシャリストと似た言葉にゼネラリストという言葉もあります。この二つの言葉は、それぞれに異なる意味を持っています。スペシャリストは特定の分野において高い専門性を持つ人を指すのに対し、ゼネラリストは分野を限定せず、幅広い分野で広範囲にわたる知識、技術、経験などを持つ人を指します。企業においての扱いとしては、スペシャリストとゼネラリストの両方が必要な人材ではあるのですが、日本の場合は定期的に担当を変えることによってゼネラリストを育成する傾向があります。

 

スペシャリストとプロフェッショナルは何が違うの?

スペシャリストとプロフェッショナルは何が違うの?

プロフェッショナルという言葉も耳にすることの多い言葉ですが、スペシャリストとプロフェッショナルは異なる意味を持っています。プロフェッショナルは、対価に値する価値のある仕事を提供する人を指します。スペシャリストは特定の分野において高い専門性を発揮することができる人であり、プロフェッショナルは報酬に見合った仕事をする人なので、スペシャリストは専門性志向、プロフェッショナルは顧客志向と言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。私達は普段の生活で何気なく『スペシャリスト』という言葉を使っていますが、スペシャリストは特定の分野において高い専門性を持つ人を指す言葉なのです。また、ビジネスの世界で使われるゼネラリスト、プロフェッショナルもそれぞれに意味を持っており、これら三つの言葉はそれぞれ全く異なる人を指す言葉なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 経営コンサルタントに学歴は必要なのか?
  2. ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!
  3. フェルミ推定で自動販売機の数を割り出してみよう!フェルミ推定の仕組みや役割とは
  4. カリギュラ効果をあなたも経験しているかもしれない!例と実験から学ぶカリギュラ効果
  5. ビジュアルシンキングとロジカルシンキングの違いとは~内容と効果について~
  6. 経営で重要な財務分析のツールを3つご紹介!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.