スマートの法則で目標達成!ゴールに到達するために知っておきたい正しい目標の立て方

この記事は2分で読めます

スマートの法則で目標達成!ゴールに到達するために知っておきたい正しい目標の立て方

皆さんには目標はありますでしょうか?仕事でのスキルアップ、趣味の上達、プライベートでのダイエットなど、人それぞれに目標があると思います。目標があるから人は頑張れるものですし、頑張るからこそ目標を達成した時の充足感を得られます。しかし、誰もが目標を達成できるわけではありません。

目標を立てても達成できないのは、自分が本来持っている能力の問題ではなく、目標の立て方に原因があるのかもしれません。目標を達成するためには、目標の立て方も大きく影響するのです。そこで今回は、目標を達成するために役立つスマートの法則についてお話します。

 

スマートの法則って何だろう

スマートの法則って何だろう

まずスマートの法則とは何か、についてお話します。

スマートの法則は、「Specific」「Measurable」「Agreed upon」「Realistic」「Timely」の5つの単語のそれぞれの頭文字をとった「SMART」が語源となっています。「Specific」は具体的、「Measurable」は計測可能、「Agreed upon」は同意、「Realistic」は現実的、「Timely」は期限を指しています。

目標を立てる時には、これらの5つの側面から考えて目標を立てることで努力がしやすくなり、結果を捉えやすくなるということです。

 

スマートの法則を使って目標を立ててみよう

スマートの法則を使って目標を立ててみよう

それでは、スマートの法則を使って目標を立てるにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは例えを用いながらご説明します。

例えば、ダイエットで痩せることを目標としているとします。この目標をスマートの法則が当てはまる形にするならば、「Specific」は具体性ですから「毎日走る」など具体的な方法、「Measurable」は計測可能かどうかを決めることですので「毎日1時間走る」など数字を出します。

「Agreed upon」は、自分がこの目標や目標のための努力に対し納得しているかどうかです。「Realistic」は現実性ですので、自分が本当に出来る内容・時間かをチェックします。「Timely」は期限ですから、「毎日走る」の「毎日」に当たります。

このようにスマートの法則に当てはめていくだけで、「ダイエットをして痩せる」という目標を達成するためにどのような努力が必要なのかが明確になりました。そして、必要な努力や目標の内容が明確になれば努力をしやすくなるだけでなく、反省や改善もしやすくなります。

 

スマートの法則は目標設定以外の場面でも使える

スマートの法則は目標設定以外の場面でも使える

スマートの法則は目標設定をする時に役立ちますが、実は別の場面でも役立ちます。それは、ビジネスです。仕事をする上でスマートの法則に従って、目標を明確化したり情報共有を行うことで、目指すべきものへの意識が強まったり、信頼や安心感が生まれます。仕事のふとした場面でスマートの法則を使うためにも、普段から目標を立てる時にスマートの法則を用いることが効果的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。スマートの法則を知り、「だから自分は目標を立てても達成できなかったのか…!」と納得された方もいらっしゃるでしょう。目標を達成するためには、達成までに努力をするかしないかということも関わってきますが、目標の立て方も大きく影響するのです。皆さんもこれから目標を立てる時にはスマートの法則を思い出してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アンダーマイニング効果でモチベーションを上げよう!
  2. ミラーリングって何?心理学を使って心の距離を近付ける方法
  3. ネットビジネスには何がある?開業したい人なら知っておきたいネットビジネスの種類
  4. 1.01の法則ってどんなもの?賛否両論の努力論とは
  5. リテンション分析とは何か?効率良く集客しよう!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.