マーケティングは資格が必要?仕事におけるマーケティング資格の必要性と種類について

この記事は2分で読めます

マーケティングは資格が必要?仕事におけるマーケティング資格の必要性と種類について

会社が商品やサービスを売り出す時には、マーケティングを行い、戦略や方針を決めてから販売を開始します。この時に、マーケティングが行われていなかったり、間違ったマーケティングを行っていると、いくら素晴らしい商品であっても売れ行きが伸びない可能性もあります。

これは、インターネットショップなどを運営する個人にも同じことが言えます。このように販売をする時に大切なマーケティングですが、マーケティングには資格があるのでしょうか。また資格を持っておいた方が有利になるのでしょうか。そこで、今回はマーケティングの仕事における資格の必要性と資格の種類についてお話します。

 

マーケティングの世界で幅広い分野における知識を証明する資格

マーケティングの世界で幅広い分野における知識を証明する資格

マーケティングの仕事をするためには、マーケティングに関する幅広い知識を持つことで、多方面から物事を捉えて企画や戦略を練ることが大切です。そうしたマーケティングについての幅広い知識を証明する資格としては、マーケティング・ビジネス実務検定が挙げられます。

マーケティング・ビジネス実務検定では、市場の細分化、消費者行動、価格戦略などのマーケティング知識やマーケティング事例が試験内容に含まれています。また、この検定はC級、B級、準A級、A級に分かれており、受験料はC級5,980円、B級7,150円など級によって異なっています。

 

ウェブを使用したマーケティングの分野の専門知識を証明する資格

ウェブを使用したマーケティングの分野の専門知識を証明する資格

マーケティングを行う際、ウェブを使用することも多い時代になりました。ウェブを用いたマーケティングを行うためには、ウェブの専門知識も必要になります。ウェブを用いたマーケティングの資格には、ウェブ解析士、Webアナリスト検定などがあります。

ウェブ解析士は、ウェブマーケティングやウェブ解析を行うために必要な用語の定義や使い方、ウェブ解析による課題の発見や改善手段、分析などが試験内容に含まれています。

Webアナリスト検定は、スマホやタブレットなどのデバイスについての知識や、デジタルユーザーの行動の捉え方などデジタルマーケティングについての基礎知識、Web改善について、問題を発見するための手法などが試験内容に含まれています。

 

ネットショップなどの社会での知識を証明する資格

ネットショップなどの社会での知識を証明する資格

企業で働く際に有利になる資格や、マーケティングを仕事とするために必要な資格もありますが、個人でネットショップなどを運営するために役立つ知識を身に付けたり、顧客からの信頼要素として取得しておくと便利な資格もあります。

例えばネットショップ検定です。ネットショップ検定は、EC業界における独自の市場や関連法規など、ネットショップを運営するために必要な基本的な知識、受発注管理、写真撮影など幅広い分野が試験内容に含まれています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。マーケティングにも様々な資格があります。このような資格は、マーケティングの仕事をする上で自分の知識の証明や顧客からの信頼に繋がります。

また、資格によって必要とされる知識の範囲も異なりますから、自分自身のスキルアップや会社内でのポジション確保のために資格を取得されるのであれば、ご自身が活動される分野に適した資格を取得するようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大学で心理学を学ぶには英語は必須?心理学を学び始める前に知っておきたい3つのこと
  2. 仕事での目標達成方法!今すぐ実践できる3つの方法とは
  3. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.19~21
  4. 睡眠不足が心身に及ぼす影響とは…原因と対策について
  5. ネットビジネスには何がある?開業したい人なら知っておきたいネットビジネスの種類
  6. 中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.