経営企画部門に求められるスキルとはどのようなものか!?

この記事は2分で読めます

経営企画部門に求められるスキルとはどのようなものか!?

経営企画部門は企業の方向性を定める重要な意思決定機関です。経営企画部はいわば経営者のブレーンとして機能します。そこで求められるスキルとはいったい何なのでしょうか?ここではその能力について解説します!

 

財務分析のスキル

財務分析のスキル

経営企画部で最も重要な能力が財務分析のスキルでしょう。経営にはもちろん財務数値以外の要素も重要ですが、客観的な判断を下すために財務数値は最も重要な要素です。収益性分析や安全性分析など、様々な財務指標を一つ一つ分析し、それらを関連付けていくスキルは経営企画部にはとても重要です。

 

管理会計のスキル

次に重要な要素は管理会計のスキルです。管理会計はざっくりといえば「計画と統制」です。予算をもとに経営計画と立て、計画通りに進むよう統制するものです。損益分岐点分析や、原価計算、予算管理などができるのは財務分析スキルと同じくらい重要です。経営戦略の策定や実行の道筋は、管理会計の活用によって生まれてきます。

 

情報を集め、分析するスキル

情報を集め、分析するスキル

3つ目は情報を集め、分析するスキルです。経営に必要な情報は多岐にわたります。自社の財務数値やターゲットとする顧客の情報、競合他社の情報など、様々な種類の情報がありますが、それらを集め分析することは経営企画部の仕事の1つです。

マーケティングのフレームワークを使って、情報を集め分析を行います。それによって、自社が抱える課題や顧客が求めている製品やサービス、競合他社の戦略や競争優位を得る方法を導き出していくのです。

 

企画スキル

企画スキル

企画スキルも経営企画部では重要なスキルです。経営「企画」部というぐらいですから当然ですね。ここでの企画はざっくりとしたものではなく、論理的に一貫していて情報の網羅性があり、自社のオリジナリティがあることが大切です。財務分析や予算編成、その他のソフトな情報を関連付けて、一つの体系的な企画にまとめ上げる企画力が求められます。

 

コミュニケーションスキル

最後はコミュニケーションスキルです。コミュニケーションスキルはある意味ですべての従業員に必要な能力ですが、経営企画部には内部・外部に対してより高いコミュニケーションスキルが求められます。

まとめた企画を全社に伝わるようにわかりやすく伝えて、モチベーションを上げ、実行させる能力が必要です。また部門間の調整や、外部との連携をスムーズにしなければならないこともあるでしょう。経営企画部では、いろんな状況に対応できるコミュニケーションスキルが重要となるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。経営企画部の業務は多岐にわたるため、それだけ必要とされる能力も多くなります。また、一つ一つの能力が高い水準であることも要求されます。しかし会社全体を動かす醍醐味は、経営企画部でなければ味わえないでしょう。ぜひこれらの能力を身につけて、企業を成功に導いていってください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 国家資格は一覧化されている?国家資格とはそもそも何か?
  2. ワーキングプア、その定義と実態について
  3. 目的と目標と手段の違いは?3つの言葉、それぞれが指す意味とは
  4. 仕事が終わらない…なかなか仕事を終えられない人の特徴
  5. スペシャリストってどんな意味?ゼネラリスト・プロフェッショナルとの違いとは?
  6. 仕事で失敗してしまった時の気持ちの整理の付け方
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.