ビジネスで会計に携わる人に役立つ資格とは?

この記事は2分で読めます

ビジネスで会計に携わる人に役立つ資格とは?

カネの流れは、人で言うと血液の流れに相当します。ビジネスにおいてお金について知っていることはとても大事なことなのです。特に、経理に携わる方やこれから起業しようという方にとって、これら会計の知識を持っていることはとても重要です。そこで今回は、ビジネスの会計に関する資格についてご紹介したいと思います。

 

ビジネス会計に関する資格には何がある?

ビジネス会計に関する資格には何がある?

ビジネス会計に関する資格は、大きく分けて簿記検定とビジネス会計検定の2つがあります。どちらも会計に関する資格には違いないのですが、目的としていることが異なります。それぞれどのような資格試験なのかを見てみましょう。

 

ビジネス会計資格1:簿記検定とは?

ビジネス会計資格1:簿記検定とは?

簿記検定は、広く認知されている試験かと思います。ここでは、一般に企業の方が受験する日商簿記検定についてお話します。日商簿記検定の目的は、「企業の財務諸表を作れるようになること」です。伝票の仕訳から始まり、一から財務諸表を作れるようになることを目指します。

検定は4級から1級まであり、1級に近づくにつれて段々と難しくなって行きます。一番最初は3級から受験する方が多いようです。3級も入門レベルの商業簿記の知識を問う問題が出題されますので、多くの人はここを出発点にします。1級は独学では合格するのが難しいと言われるほど難易度が高い資格。ビジネスでの利用を考えるなら、まずは2級の取得を目指すと良いでしょう。

 

ビジネス会計資格2:ビジネス会計検定とは?

ビジネス会計資格2:ビジネス会計検定とは?

日商簿記検定に比べると、ビジネス会計検定の認知度は高くないようです。ビジネス会計検定も簿記検定と同様、ビジネスにおいて重要なお金に関する知識を問うものなのですが、簿記検定との違いは「財務諸表を利用すること」を目的としていることでしょう。簿記検定の目的は「財務諸表を作ること」でしたが、それに対してビジネス会計検定の目的は「財務諸表を利用すること」ですから、共通点は「財務諸表」となります。その財務諸表を作るのか利用するのかという違いがあり、同時にこれらは相互に補完的なものとなります。

さて、ビジネス会計検定は3級から始まります。財務諸表から収益性を分析したり、経営の安全性を分析したりします。そして1級に近づくにつれて難しく応用的な問題になって行き、最終的にはディスクロージャーや財務諸表の作成原理など、本質的なところまで学ぶことになります。

財務諸表を「作る」というのは、最近はコンピュータがほぼやってくれるようになりましたが、財務諸表を「読む、分析する」というのはまだまだ人間の仕事です。ですから、ビジネス会計検定の意義はこれからますます高まってくると言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は簿記検定とビジネス会計検定という2つの企業財務に関わる資格試験についてご紹介しました。財務諸表を作ることも読むことも、現代のビジネスパーソンにとって重要なスキルです。特に経理やマネジメント層に入って行く人を目指すのであれば、これらの資格は取得しおいて損はないと思います。ぜひ挑戦してみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人的資源管理とは何か?人材をうまくマネジメントするために知っておきたい手法
  2. 経営資源を分析するVRIO分析とは何か?
  3. ロジックツリーとは何か~ツールを使って解決策を導き出す~
  4. 英語をビジネスに取り入れた場合のライティングの可能性について
  5. バーナム効果の例から学ぶ!誰でも陥りやすい心理学テクニック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.