コンサルタントにとって必要なスキル3つとは?

この記事は2分で読めます

コンサルタントにとって必要なスキル3つとは?

最近は新しい技術がどんどん生まれ、経営を取り巻く環境も大きく変わってきました。もう大量生産して大量消費をすれば良い時代ではありません。そんな時代ではコンサルタントの果たす役割もとても大きくなっています。

一体、コンサルタントにとって必要なスキルとはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、コンサルタントの基礎力とも言える3つのスキルについてお話したいと思います。

 

高度な専門知識を身につけよう!

高度な専門知識を身につけよう!

コンサルタントは経営者にアドバイスをするのが基本的な役割ですから、当然その業界のことについては高度な知識を備えている必要があります。アドバイスをするはずが、逆に経営者にいろいろ教えてもらうようでは話になりません。ですから、コンサルタントには自分がコンサルティングをする分野について不断の努力を重ねることが要求されるのです。

それも、抽象的な概念に終始することなく、現場の感覚も伴う知識でなければなりません。経営者が求めているのは「で、今すぐ何をやればいいの?」ということですから、そういった疑問に解答を提示できなければなりません。

 

コミュニケーション力を身につけよう!

コミュニケーション力を身につけよう!

次に必要なのがコミュニケーション力です。これはコンサルタントだけでなく、一般のビジネスパーソンにも求められていることだと思います。

コンサルタントは対面で話をしたり、プレゼンで相手を説得したりする場面が多々あります。ですから、きちんと話を聞き、そして話す力が特に必要となります。コミュニケーション力一つで印象が180度変わってきますから、このスキルは特に磨くようにしましょう。

 

論理的思考力を鍛えよう!

論理的思考力を鍛えよう!

コンサルタントに必要なスキルの3つ目は、論理的思考力です。これは2つ目のコミュニケーション力とも関連しますが、ただだらだらと話すだけではダメで、論理的に筋の通った提案をスパっと話せなければなりません。

経営のすべてが論理で解決できるわけではありませんが、最低限の論理性がなければ「この提案を実行してみよう」とも思ってもらえません。ですから、コンサルタントには論理的に思考する力が求められるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、コンサルタントに必要なスキルとして、高度な専門知識、コミュニケーション力、論理的思考力をご紹介しました。

これらの能力はコンサルタントとして基本の能力であり、最低限必要なものだと思ってください。高度な専門知識については、時代が変われば知識のあり方も変わるため、常にブラッシュアップしていくことが求められます。ぜひこれらのスキルを身につけて、一流のコンサルタントへの第一歩を踏み出してください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. メラビアンの法則を学ぶ~メラビアンの法則と第一印象を良くするためのヒント~
  2. コーチングとティーチングは違う!使い分けて部下を伸ばそう!
  3. シャルパンティエ効果って何?心理学をビジネスに活かす方法
  4. サブリミナル効果とは?広告の効果を上げるテクニック!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.