仕事での目標達成方法!今すぐ実践できる3つの方法とは

この記事は2分で読めます

仕事での目標達成方法!今すぐ実践できる3つの方法とは

社会人になると誰でも目標を達成するという壁にぶち当たると思います。1日や週毎の小さな目標から、四半期や1年といった中長期の目標まで、様々な目標を達成しなければいけない場面が訪れるでしょう。

そんな中、ただ単に目標設定をするだけでは全ての目標を達成することは不可能です。突発的な業務に邪魔されて目標としたものに力を注げない場合が多々あるからです。今回はそのような環境で仕事をしていても、着実に目標を達成する方法をご紹介したいと思います。

 

タイムスケジュール表の導入

タイムスケジュール表の導入

目標を決めた期日までに確実に達成するには、タイムスケジュール表を導入し、自分の他の業務も含めて時間をコントロールすることが必要となります。タイムスケジューリングができないと、期日のギリギリまで目標達成に関する努力や業務を一切しない人がほとんど。ギリギリになってから始めても間に合わない場合が多いため、しっかりと計画を立てる必要があります。

タイムスケジュール表はノートでもエクセルでも何でも構いません。まずは目標の期日までのカレンダーに、ルーチンワークを全て書き込みましょう。そして、突発的な案件があればそれもすぐに書き込みます。

最後にそのカレンダーと目標達成までの道のりを計算し、いつ始めるのか、いつ何時間目標達成のための努力をするのかを記入していきます。確定したスケジュールに沿って進めて行けば、まず失敗はしないでしょう。

 

目標は紙に書いて見えるところに貼る

目標は紙に書いて見えるところに貼る

目標を決めた人でありがちなのが、ノートに書いてしまったり、パソコンの中に保存しているだけで、普段あまり目にしないところに目標の中身を置いてしまうようなケースです。短期の目標であれば大丈夫なことが多いのですが、中長期の場合は忘れてしまうことがほとんどです。

そこで、目標を決めたらまずは紙に書き出しましょう。できれば大きく目立つ文字で書くことがポイントです。そして、毎日絶対見るであろう場所にそれを貼ります。デスクやトイレ、キッチンなどが良いでしょう。そうすれば毎日リマインドされて、目標を忘れずにいられることができます。

 

目標を周りに言う

目標を周りに言う

最後に、目標を決めたらそれを友達や家族、恋人、同僚、上司などに報告してしまいましょう。失敗したら恥ずかしいと思うかもしれませんが、周りに言うことで目標達成をより意識することができます。さらに、周りに言いふらしてしまえば、そこから逃げることも出来なくなるので、より一層力を入れて励むことになり、成功に近づくことができるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。目標は達成すると気持ちが良く、モチベーションも上がります。しかし達成できなかった場合は、モチベーションは下がりますし、自分の自信もなくなっていきます。

せっかく目標を立てたのであれば、達成してさらにステップアップした方が自分にとって得。そのためにも今回ご紹介した、達成に近づくための3つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 仕事に活かせる心理学
  2. フェルミ推定とは?求められる論理的思考能力
  3. 目的や目標を達成できない原因
  4. ラテラルシンキングとは~思考法を学んで柔軟に考えよう~
  5. 経営心理学に学ぶ交渉に役立つ6つのテクニック!
  6. 国家資格は一覧化されている?国家資格とはそもそも何か?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.