適切な睡眠方法で1日の効率をアップしよう!

この記事は2分で読めます

適切な睡眠方法で1日の効率をアップしよう!

睡眠は誰にでも必要なものです。しかし、その睡眠で悩んでいる人は世界中にたくさんいます。寝たいのに眠れない、たくさん寝たのにまだ眠たいなど、睡眠の障害は意外とすぐそばにあるものかもしれません。

適切な睡眠ができていない人は、1日の作業効率が著しく低下します。頭は回らないし、体も思ったように動かないからです。そこで今回は、1日の効率をアップさせるために、3つの適切な睡眠方法やアドバイスを紹介していきたいと思います。

 

寝る3時間前から食べ物は口にしない

寝る3時間前から食べ物は口にしない

晩御飯を食べた後にお菓子などを食べる人は意外と多いと思われます。確かに寝る前にお腹が空くことはよくあります。しかし寝る前に何かを食べてしまうと、消化が間に合わず、寝ている間に消化活動が行われることになります。

本来であれば、体を休めるために寝るはずなのが、寝ている間に消化をしてしまうと胃や腸が全然休まらないという事態が起こってしまいます。そうなると疲れが取れず、胃の調子も悪くなってしまうことになります。

可能な限り、晩御飯は寝る3時間より前に食べて、それ以降は何も食べないようにしましょう。

 

携帯をスリープモードに設定

携帯をスリープモードに設定

寝る時に携帯を枕元に置く人は多いと思います。アラーム用に携帯を使う人も多いでしょう。これは電磁波の関係上あまり良くないのですが、さらに悪いことに、睡眠時の着信や通知で睡眠が阻害されるリスクがすごく高いのです。

よく「友達からのメールや電話で起こされて二度寝した」なんてことはありませんか?二度寝自体が体に良くないのですが、携帯の着信によって睡眠を妨げているだけ。寝ているときは、起きたい時間まで安静を保つ必要があります。

可能であれば、携帯を遠ざけたり電源を切るようにしましょう。それが難しいな場合は、スリープモードにして、通知が一切鳴らないようにすることが大切です。

 

眠れない時は一旦起きる

眠れない時は一旦起きる

たまに、全然眠りにつけない時があると思います。1時間以上も布団の中にいても眠れなかったりして、ストレスだけが溜まっていきます。そのような時は、一回起きてみましょう。ずっと布団の中に入っていたところで眠れない時は眠れませんので、あえて一度起きて、眠くなるまで何かをすると、ずっと布団の中にいるよりは早く眠れることが多いでしょう。

ただし、テレビやパソコン、携帯の操作などは脳が活性化してしまうため、読書がお勧めです。本を読むと目が疲れて眠くなりやすくなるでしょう。寝たいのに寝られない時は、一旦起きて眠くなるまで読書をしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。睡眠をしっかりと取れない人は、1日のパフォーマンスが必ず低下してしまいます。そうなると、仕事、人間関係などに大きく影響を来たしてしまいますので、可能な限り適切な睡眠をとれるように3つの方法を試してみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 睡眠時間が短くても効率的に取る方法
  2. 寝不足の症状かも…寝不足によって起こる症状と寝不足の危険性
  3. 良質な睡眠をとるためのコツ
  4. 睡眠時間を短くする方法 ショートスリーパーへの道
  5. 睡眠と音楽の関係性とは?1/fゆらぎがもたらすヒーリング
  6. 睡眠時間の確保で仕事が捗る理由
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.