良質な睡眠をとるためのコツとは?~心と体の健康のために~

この記事は2分で読めます

良質な睡眠をとるためのコツ

毎日を健康に過ごしたいと願われている方や健康に過ごすために努力をされている方は多くいらっしゃるでしょう。どんなに楽しいことがあっても、健康でないと心から楽しむことは難しいですから、健康を維持したいものですよね。

健康を維持するための基本は、食事と睡眠です。特に睡眠は重要です。なぜなら、人の体には疲労が溜まり、睡眠をとることで脳や体の疲労がリセットされて、また元気に次の日を過ごせるからです。睡眠がとれていなかったり、睡眠の質が悪いと、食事に気を付けていてもなかなか効果を得られないでしょう。

それでは、どうしたら良質な睡眠をとることが出来るのでしょうか。今回は、良質な睡眠をとるためのコツについてお話します。

 

1.交感神経と副交感神経について知ろう

交感神経と副交感神経

人間には、体のあらゆる機能に作用する自律神経という神経があります。自律神経には、交感神経と副交感神経という二つの神経があり、これらは睡眠とも大きく関わっています。

交感神経は、活動している時に優位になる神経で、主に日中に優位になっている神経です。副交感神経は、リラックスしている時に優位になる神経です。眠る前には副交感神経が優位になっていると寝つきがよくなり、良質な睡眠をとりやすくなります。

 

2.眠る前はパソコンやスマホをあまり使わないようにしよう

眠る前のパソコンやスマホ

刺激は、交感神経を優位にしてしまいます。強い光など目から入ってくる刺激も、交感神経を優位にしてしまいます。ですから、眠る前にパソコンやスマホを使っていると交感神経が優位になってしまいますから、できるだけパソコンやスマホを使わないようにしましょう。

また、照明も蛍光灯ではなく、ランプなど白熱灯の間接照明に切り替えて、部屋の明るさを徐々に落とすことも効果的です。

 

3.アロマやストレッチで副交感神経を優位にしよう

副交感神経を優位にするアロマやストレッチ

副交感神経はリラックスしていると優位になる神経ですから、眠る前にリラックスをするように心がけることが大切です。例えば、アロマで好きな香りを楽しむこともリラックス効果を得られますし、ヨガやストレッチなどゆったりと体を動かしてほぐすことも効果的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。良質な睡眠をとるようにするためには、まずは自律神経の働きについて知ることが大切です。そして、寝つきをよくするためには副交感神経を優位にすることが必要ですから、寝る前にはパソコンやスマホなどの使用を控えて強い光を見ないようにしたり、アロマやストレッチによって心と体をリラックスさせて副交感神経を優位にしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 思考整理術
  2. 睡眠時間が短くても効率的に取る方法
  3. 空白の法則を知って幸運を引き寄せる!あなたが幸せになるためにできること
  4. ストレス解消法ランキング!イライラを解消できる3つの方法
  5. 人生を幸せに過ごすための3つのコツ
  6. 仕事で失敗してしまった時の気持ちの整理の付け方
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.