心理学の資格はカウンセラーに必要か否か!?

この記事は2分で読めます

心理学の資格はカウンセラーに必要か否か!?

最近、世の中では、鬱病やストレスなどのメンタル的な問題が大きな社会問題となっています。中には自殺をする人も出て来ていて、会社員や学生のメンタルのサポートが大きな課題となっています。

そこで今注目されているのが心理カウンセラーです。学校や会社などにも今では心理カウンセラーが配備されているところは多いですが、そもそも心理カウンセラーについて詳しく知っている人は少ないと思います。

心理カウンセラーはメンタルが弱っている人を助ける人のことですが、詳しい定義は決まっていません。そして心理カウンセラーの資格というものは実はないのです。

ただし、心理カウンセラーに関わる細かい業務の資格は存在します。今回はそんな細かい心理カウンセラーに関わる資格をいくつか紹介していきます。

 

学校心理士

学校心理士

これは学校などによくいるカウンセラーの人が持っている資格です。学校でのカウンセリングやメンタル面でのサポートを目的とした心理士の資格ですので、教育などに特化した資格と言えます。教育免許を一緒に持っている人も多いそうです。

サポート対象は、学生はもちろん、その保護者や教師も必要であればメンタルサポートやカウンセリングを行います。それによって学校にいる人全員が幸せに過ごせるようにするのが目的です。

 

産業カウンセラー

産業カウンセラー

これは企業で主に活躍する心理カウンセラーに特化した資格です。社会人になると分かりますが、学校にいた時とは全く違うストレスを感じます。人間関係や仕事内容など、様々な要因でストレスを抱えて鬱病になったりする人は少なくありません。

そんな人たちをサポートするのが産業カウンセラーの役目で、大手などでは企業の中に専門の人がいて、何かあれば相談できるようになっている場合が多いようです。

 

認定心理士

認定心理士

心理カウンセラーは種類や資格が様々ですが、何をするにもまず通るのがこの認定心理士の資格です。この資格だけだと心理系専門の仕事をすることは難しいのですが、基本的な心理学の資格ですので、他の資格を取る前の必須資格と言っても良いでしょう。

大学で心理学を専攻していた証となる資格ですので、大学で心理学を専攻することによって取得できる資格です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ひとえに心理カウンセラーといってもたくさんジャンルがあり、それにあった資格もまたたくさんあります。今回はそんな中から3つの資格を紹介しましたがこれ以外にも多くの資格とジャンルは存在します。

今後さらに注目を浴びるであろう心理カウンセラーの資格や仕事は、覚えておいても損はないかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ビジネスで会計に携わる人に役立つ資格とは?
  2. 空白の法則を知って幸運を引き寄せる!あなたが幸せになるためにできること
  3. 引き寄せの法則には前兆がある!?お金が舞い込む前兆とは
  4. ラベリング理論とは~特質を知って対人関係に活かす~
  5. ピグマリオン効果とゴーレム効果 心理学の実験から分かる両者の違いについて
  6. コンプライアンスを守ることは企業経営にとってどのような意味を持つのか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.