人的資源管理とは何か?人材をうまくマネジメントするために知っておきたい手法

この記事は2分で読めます

人的資源管理とは何か?人材をうまくマネジメントするために知っておきたい手法

経営をしていく上で必ず悩みとなるのが、自社にいる人材をどう活用して経営の生産性を上げていくのかということです。従業員一人一人のモチベーションを上げていくことから、組織全体を戦略に方向づけることまで、人材をめぐる悩みは尽きません。

「組織は人なり」という言葉もあるぐらい、経営組織にとって人材は重要な要素です。そこで今回は、人的資源管理とは何か、その重要性についてお話したいと思います。

 

人的資源管理とは何か?

人的資源管理とは何か?

経営を行っていく上では、必ず達成したい目標がありますよね。それは短期経営計画や中期、長期経営計画に表される企業が多いと思います。その目標を達成するために日々業務を頑張るのは自社の従業員です。

しかし、その従業員一人一人が自分勝手に頑張っていては生産性は上がりません。また、モチベーションの低い従業員のモチベーションを上げることも必要です。

このように、経営資源の重要な一要素である「ヒト」を活用し、生産性を上げるよう制度を設計・運用することが人的資源管理なのです。経営においては、人的資源管理はとても重要となります。

 

人的資源管理には2種類ある!

人的資源管理には2種類ある!

一口に「人的資源管理」といっても、2種類のマネジメントがあります。1つは組織構造を通じて組織全体に影響を与えるものです。人的資源管理に関する組織構造とは、採用から始まり、評価制度、報酬制度、人材の配置や異動、昇進制度、退職や解雇に関する制度まで様々です。

採用制度がしっかりしていることで、自社が望む人材を採用することができる可能性が高まります。また評価制度や報酬制度を適切に設計することで、従業員の不満を解消したり、モチベーションを上げることもできますね。もう1つは、マネジャーが従業員の一人一人に働きかけることでモチベーションを高めるものです。

こちらは制度によってマネジメントするというよりは、従業員一人一人を内発的に動機づけることがメインとなります。たとえば、従業員が会社から「承認されている」と感じれば働く意欲も湧きますし、自分の仕事が他のどの仕事に役立ったのか、会社にどのように貢献したかがわかればやりがいも感じます。

この役割をマネジャーが担うのです。このようにして、組織全体を方向づけ、従業員一人一人のモチベーションを上げていきます。

 

戦略が変われば人的資源管理も変わる!

戦略が変われば人的資源管理も変わる!

人的資源管理は、企業の戦略を実現するためのマネジメント手法です。ですから、人的資源管理は戦略ありきなんですね。従って、会社の戦略が変われば、当然人的資源管理における制度設計や、マネジャーの行動も変わります。

ですから、一度設計した制度にとらわれることなく、時代の流れを見て適宜変更していく姿勢を持つことが重要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、人的資源管理について、その概要と重要性を見てきました。いろんな社長に話を聞いても、人材のマネジメントは経営者の最も多い悩みの一つになっているようです。

人材マネジメントで悩んだときは、一度制度設計を見直したり、マネジャーとの会議を開いて話し合ってみることをおすすめします!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?
  2. カフェで独立を目指すサラリーマンが、開業で気をつけること五箇条
  3. ワーキングプア、その定義と実態について
  4. 深層心理はしぐさに現れる!よく見るしぐさの奥にある心理を解説!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.