コンプライアンスを守ることは企業経営にとってどのような意味を持つのか?

この記事は2分で読めます

コンプライアンスを守ることは企業経営にとってどのような意味を持つのか?

「コンプライアンス」という言葉は最近になってよく聞かれるようになりました。日本語に直すと「法令遵守」ということになりますが、これが何を意味するのか理解している人はあまり多くないと思います。

ここでは、コンプライアンスとはいったい何なのか、コンプライアンスを守ることは今の企業経営にとってどのような意味があるのかをお話したいと思います。

 

コンプライアンスとは何を指すのか?

コンプライアンスとは何を指すのか?

コンプライアンスは一般に「法令遵守」と呼ばれますが、この言葉だけを見ると「法をしっかり守るということ?でもそれって当たり前じゃない?」と思う方もいるでしょう。経営で使うコンプライアンスという言葉には、2種類の意味が含まれています。

一つは先ほどお話しした法令を遵守するということです。法律を守るということですね。企業を取り巻く法律には民法や会社法、金融商品取引法など様々な法律があります。それを守りましょうということです。

二つ目は社会の一員として正しい振る舞いをしましょうということです。企業倫理に関する規則があり、それを守ることで、社会に利益を与える存在となりましょうということになります。

 

コンプライアンスを守る意味とは?

コンプライアンスを守る意味とは?

それでは、現代の企業にとってコンプライアンスを守る意味とはどういったことなのでしょうか?まず思い浮かぶのは、法令を守らなければ企業活動を継続できないということです。法令違反をしている企業は当然ながら存続できません。そうは言っても会計不正を行う企業はまだまだ多く、それが株主などに損害を与えるのです。

もう一つは、社会的な信用を得るということです。コンプライアンスを守ることで、顧客に「この企業はクリーンだ。信頼できる」と思ってもらうことができます。取引をするときに信用できない人とは取引しませんよね。

個人と同じことが企業にも言えます。また、個人と比べて企業は経済規模が大きいので、信用失墜によって社会に与える経済的ダメージ、精神的ダメージも大きいのです。ですから、社会にとって良い存在となることは企業にとってとても大切なことなのです。

 

まとめ

コンプライアンスの経営における意味とそれを遵守することの意義

いかがでしたでしょうか。今回はコンプライアンスの経営における意味と、それを遵守することの意義についてお話しました。現代はSNSが普及していることもあり、企業は様々なリスクを抱えています。

企業の良くない部分が拡散されやすい時代となりました。しかしだからこそ、社会的に良い企業が生き残りやすい時代であるとも言えます。企業にとってコンプライアンスは非常に重要な概念となっているのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. リーンスタートアップって何?事業立ち上げのために知っておきたい手法について
  2. 国家資格は一覧化されている?国家資格とはそもそも何か?
  3. ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!
  4. ミラーリングって何?心理学を使って心の距離を近付ける方法
  5. ネットビジネスの開業にリスクはないのか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.