ビジネス英会話を身に付けるおすすめの方法

この記事は2分で読めます

ビジネス英会話を身に付けるおすすめの方法

国内市場の飽和が声高に叫ばれている昨今、企業規模の大小は問わず、海外と取引する企業が増えてきました。ビジネスでの英会話は、敬語や言い回しにも注意しなければなりませんが、主に注意する点は2つです。

1つ目は、短期間に習得しなければならないという点です。切羽詰まっているという方も多いかもしれません。

2つ目は、英語のレベルは個々異なるということです。当たり前のことですが、いくら短期集中でも、その人のレベルに合っていなければ何にもなりませんし、到達点も違ってきます。

ここではレベルを3段階に分けて、それぞれのレベルに見合ったおすすめの学習方法の例をご紹介します。

 

日常英会話ぐらいはできる人

日常英会話ぐらいはできる人

道案内や海外旅行でも、ある程度は対応できると思います。もしかしたら、ビジネスでも自己紹介ぐらいはできるかもしれません。であれば何の問題もありません。商談ができるようなレベルを目指しましょう。

例えば、敬称や敬語、丁寧な言い方やフランクな言い方といったものです。また、あなたの業界の専門用語を身に付けることも効果があります。方法例として、あなたの業界新聞や雑誌の英字版が発行されていればベストです。これらをどんどん活用しましょう。

また、一般新聞やビジネス系の雑誌では、オンラインで外国語版が用意されていたり、特定の記事に海外サイトがリンクされていたりすることが多いため、ブックマークをしておけば電車内などの隙間時間にリアルなビジネス英語に触れることができます。

 

高校生ぐらいまでは英語の授業が楽しかった人

高校生ぐらいまでは英語の授業が楽しかった人

ある程度、単語の意味や文法が理解できている人だと思います。ただ、現在は英語に接する機会がなく慣れていないだけでしょう。自己紹介は抵抗なくできるようにし、商談の概要ぐらいは把握できるようになりたいところです。

もし活字が好きなのであれば英字新聞がおすすめです。音読するとより効果があるでしょう。海外のニュース番組なら知っているニュースがリアルな英語で聞けますので、耳を慣らすのに効果的です。ラジオ番組を移動中に聞くというのも良いかもしれませんね。映画や音楽が趣味なら、聞き取れなかった部分を何度でも再生して確認することもできるでしょう。

 

中学校1年生の時点で、すでにお手上げの人

中学校1年生の時点で、すでにお手上げの人

残念ですが、まずはそんな自分を受け入れましょう。恐らく、既に文法も基礎単語も、記憶の彼方に行ってしまっていると思います。まずは日常会話、簡単な自己紹介ができることを目標にして、英語に対する抵抗感を上回る「何か」を見つけましょう。

一番の方法は、日本語が不得手で英語が堪能な異性を見つけることです。海外のアーティストでも良いでしょう。「彼女(彼)と話せるようになりたい!」このエネルギーが、一番効果があるのです。口説く、そして英会話を習う。口説くまでの会話術は、独学でも何とかなるのがこのエネルギーのメリットです。

あなたの周りに堪能な友人がいれば、夕食をごちそうするなどして力を借りるのも手ですね。そうであれば、この友人に最後まで教えてもらえば良さそうなものですが、それがそうは上手くはいかないのです。そう、日本語が通じてしまうため、英会話の勉強にならないからです。

 

まとめ

ビジネス英会話は、身につかないことが多いと言われています。それは、ある程度の年齢になっているからで、現実は忙しい、気持ちは恥ずかしい、脳は固定概念で固まってしまっています。

英会話学習が低年齢化していくのも仕方のないことかもしれませんが、ビジネス英会話は勉強する目的がはっきりしているため、集中しやすいというメリットもあります。大人には大人の方法で、それぞれの目標を目指しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ネットビジネスには何がある?開業したい人なら知っておきたいネットビジネスの種類
  2. 大学で心理学を学ぶには英語は必須?心理学を学び始める前に知っておきたい3つのこと
  3. 弱者が市場で勝つ戦略とは!?
  4. アンカー効果って何?売り手も買い手も判断ミスや失敗をなくすために知っておきたい心理効果
  5. 仕事に必要なのは、本当はモチベーションではない?
  6. 実践で使える初級ビジネス英単語 No.22~24
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.