マーケティング戦略と経営戦略の違いを徹底解剖!

この記事は2分で読めます

マーケティング戦略と経営戦略、ともにビジネスでは日常的に語られる言葉です。しかし、戦略という点では同じなため、両者を明確に区別することなく使っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、マーケティングと経営戦略の違いを徹底解剖したいと思います!コミュニケーションのすれ違いが起きないためにも、しっかりと理解しておきましょう!

 

マーケティング戦略とは何か?

マーケティング戦略とは何か?

まずはマーケティング戦略について理解しましょう。マーケティング戦略とは一言で言うと、「売れる製品やサービスを企画・製造し、それをいかにして売るかについての戦略」であると言えます。企業は利益を出すことで経営活動を継続したり、新しい製品やサービスを生み出します。従って、利益を追求するための戦略となるわけですね。

ここで注目していただきたいのは、どのような製品やサービスを、どのように売るかに焦点を当てているかということ。つまり、製品やサービスが主体なのです。それに関して徹底的に調査し、分析し、検討して戦略を立てるのです。

 

経営戦略とは何か?

経営戦略とは何か?

一方、経営戦略は、マーケティング戦略よりも広い戦略と捉えられます。経営戦略は、3つの柱を中心に戦略が立てられるのです。その3つの柱とは、経営資源としてよく語られるヒト・モノ・カネです。

最近では、ここに「情報」も加えて、4つの柱としている企業も多いですね。ヒトは人事に関する戦略であり、人材配置や採用などを指します。モノは製品やサービスを扱う事業戦略です。

カネは投資や銀行との付き合いなどの財務に関する戦略です。この3つの柱から企業の経営戦略を導き出し、経営を維持していきます。

 

結局、マーケティング戦略と経営戦略は何が違うの?

結局、マーケティング戦略と経営戦略は何が違うの?

ここまでマーケティング戦略と経営戦略の違いについて説明してきました。結局、両者の違いはどこにあるのかというと、一番大事にしているものの違いです。マーケティング戦略は顧客を一番大事にします。

徹底的に顧客目線に立って、顧客のニーズに応えようと戦略を立てます。一方で、経営戦略が一番大事にするものは企業そのものです。企業の存続・発展のためにどのような戦略を立てるかが最重要事項になります。

利益を追求するという点では両者は同じなのですが、それぞれの戦略では何を念頭に置いているのかが違うということになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はマーケティング戦略と経営戦略の違いをお話しました。

それぞれの戦略は最も大事にするものが異なるため、この違いを明確にしておかないと、戦略の実行段階でうまくコミュニケーションが取れずに失敗してしまったり、対立を生んでしまうことがあります。

また、戦略策定のためのフレームワークが数多くありますが、それも適切に扱えないことになってしまいます。ぜひこの記事を参考にして、両戦略の違いをしっかりと理解してください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?
  2. インストア・マーケティングとは何か?時代と共に進化している!?
  3. 経営戦略と経営戦略の違いを徹底解剖!
  4. 効率よく仕事をするための仕事術
  5. ミラーリングって何?心理学を使って心の距離を近付ける方法
  6. オンラインの英会話学習は有効?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.